借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
過去問の使い方 ブログトップ

過去問の使い方〜注意点〜 [過去問の使い方]

こんばんは、sinです。



今日は久々に数学の入試問題を解いてみました。

チームの生徒から質問があったので、
それに答える形で解いたんです。


来年度の企画では、僕が指定した参考書・問題集は
希望があれば解説をしようと思っています。


絶対に理解できるような説明を心がけているので、
心配無用です(笑)

自学自習の助けになればいいなと思います。



しかし、今日やった問題。

いやはや解きごたえがある問題でした。
ベクトルの問題です。



やってみると意外に覚えているもんだなーと思いました。
公式だったり解法だったり


受験勉強をしている期間が長いため、
ちゃんとテクニックはコアになっているみたいです。



ただ、それでも途中で行き詰まってしまって
解法を思い浮かべることができなかった箇所があります。


最終的に、その問題はちゃんと理解できて、
解法を暗記したのですが、
ちゃんと思考することに時間をかけました。





問題集を解いていく際に、

「どれくらい考えて、答えを見たらいいの?」
「何分くらいなら考えていいの?」

という質問を受けます。



べらぼうに長い時間考え続けると時間の無駄ですし
かといって、まったく時間をかけないと思考力が磨かれません。


これの答えですが、ちゃんと明確な基準があります。



自分の知っている知識を出しきってしまって、
数分考えてから答えを見る。



が基準です。


多くの人はすぐに答えを見るか、
ずーっと考え続けるかのどっちかなんです。


あげく、答えを読んでも理解できない、
みたいなことが起こります。

そして萎える。うん。



これは明確な基準がないから一喜一憂してしまうんです。

わからないのは当たり前。
知らないものは理解して使えるようにしていけばいい。



過去問の解答はわかりやすく記述してくれていないため
コアの学習には不向きなんですが、
演習問題としてはちゃんと機能してくれます。


そのとき、ちゃんと

「問題文を読んで、

自分が思い起こせる知識をすべてアウトプットする」


これをしっかり行ってください。


今日の数学の問題であれば、


ベクトルを2乗する
ベクトルの内積の公式
ベクトルを使った三角形の面積の公式
2つのベクトルが垂直に交わるとき内積は0
→AB=→OB - →OA
連立方程式
内積が0のとき2つのベクトルは垂直



などなど。


これらを出しきって、
大問の中の3つの問題の2つまでは解けました。


最後の問題で

僕が忘れていた知識を使わなければなりませんでした。


僕は自分の知っている知識をすべて出し切って、
必死に思考しましたが、
それでもその解法を思いつくことはできませんでした。

そこで、初めて答えを見てみるのです。


ここでまた1つレベルが上がるんです。


問題演習をするときは、
自分の得た知識を使って、
解ける「類題」をたくさん解いていくことをおすすめします。


どんな類題を解けばいいのか、という
具体的な参考書のプランは
企画の中でお話しようと思いますが、


とにかく

問題集をコアにすること。

そしてコアにした知識を運用する練習をすること。


この2つは受験勉強では必須中の必須です。



コアにした知識を運用する。
つまりは演習ですが、

演習の時の注意点は


問題を見て、自分が思い出せる知識をすべて出し切り
一定時間考えてから答えを見ること。

です。


この自分が思い出せる知識というのは、あくまで問題文を読んで、ですよ。

例えば、「三角形の面積」というワードを見たら
どれくらいの公式を想起出来ますか?

ここで、円の面積を想起する必要はないですからね。


問題文に関連する知識を
ひとしきりだすことができて、式変形をグチャグチャしていく。

英語ならそのワードを元に訳をぐじゃぐじゃ考えてみる。

理科なら・・・(以下省略)



この方法を覚えておいてくださいね!



国公立二次もせまるところ残り4日です。
気合入れていきましょう!



ではでは



=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在403名の方が読んでおり、

偏差値が15上がった生徒
早寝早起きが自然とできるようになった生徒
1日12時間以上の勉強をコンスタントになった生徒
自分の夢に自信を持てるようになった生徒

が出ています。

今年のセンター試験では794点とった生徒や
合計点数を約100点上げた生徒もおり、

センター利用で早稲田大学合格者も出ました。



今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
過去問の使い方 ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら