借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択
新課程について ブログトップ

新課程になるから浪人は危険? [新課程について]

こんばんは、sinです。

国公立前期試験、お疲れ様でした。

こちらは記述式ですので、センターと違って採点ができず
モヤモヤした感じで合格発表を待たなきゃなりません。

「一応解答は埋めれましたけど、
合ってるかどうかはわかんないです(笑)」


みたいな報告をいくつか受けました。


中期、後期とある方は
そちらの準備の方もしっかりやっていきましょう。


ここで気を抜いてしまってはもったいないです。
最後までやりきりましょう!


===============
新課程になるから浪人は危険?
===============



来年度は新課程と旧課程が入れ替わる
大きな変わり目の年です。

ここで、多くの人は
「そんなリスクのあるときに浪人なんてできない」
とか
「志望校を上げることなんてできない」
と言って退いていきます。


でも事実は逆。

これはチャンスなんです。


新課程と旧課程の話を以前したのを覚えていますか?

まず
変化するのは数学と理科のみです。

数学は全体として範囲が増え、少々カットされる部分もあります。
理科は◯◯基礎と◯◯の2つに分断され、
これまで1,2と分けていたもの分け方が変わります。

理系の理科は◯◯を2科目。
文系の理科は◯◯基礎を2科目になります。


これについて高校の先生に聞いてきたのですが、

「文系は理科が2科目になる分、理科は簡単になる」
ということでした。


その理由はセンター試験の平均点にあります。


===============
センターの平均点は6割を目指す
===============

センター試験は基本的に平均点をなんとか6割にしようと
問題の難易度調整をしています。

(どこぞの国語はそんなことになっていませんが・・・)

文系の理科が2科目に増えた時に
文系の生徒には負担が上がります


それなのに、
これまでの問題と難易度を同じにしたままにするとどうなるでしょう?


平均点は6割を大きく下回り
結果としてセンター試験を作る側の目的が達成されません。


つまり、理科の◯◯基礎の問題は簡単にせざるを得ないのです。

これは理系の◯◯の試験も、

そして文理共通の数学も同じです。


学ぶ範囲が増えるなら、
問題の難易度は下がる可能性が高い。

ましてや一年目。
そんな一年目から難易度マックスの問題なんか出したら
叩かれまくりです。


===========
今年の浪人生はお得!?
===========

こういうことをゴチャゴチャ考えなければいけない
今年の受験生。

しかし、今年の浪人生は実はお得なんです。


新課程、旧課程と入れ替わりの年であるがゆえに、

記述試験を作る大学側は自然と

「新課程と旧課程がかぶっている範囲で問題を作らざるを得ない」


つまり、新課程よりも、旧課程よりもやるべき範囲が狭まるのです。


もし仮に新課程の範囲も含めるとなれば、
その時はその時で学習しておけばいいのです。


その時に備えて
新課程と旧課程の共通部分をまず
半年くらいでしっかり完璧にしておけばいいのです。

それが今年の浪人生の必勝勉強スタイルだと思っています。



==========
前代未聞受験企画
==========


先日から
新しい受験生向けの企画をやるとお話してきましたが
明日ついに発表します。

最近はその企画作りに頭を使っていて、
他の仕事になかなかとっかかれませんでした。

それだけ熱を入れて企画を作りました。


まずはメルマガを読んでいる人限定にお知らせするので
明日の20:00に送られてくるメールを見逃さないようにしてください。


それでは!


=======================

⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

新課程って大変なの? [新課程について]

こんばんは、sinです。


今回の記事では新課程についてです。

母校の高校教師のところへいってインタビューしてきました。

来年の受験を考えている人にとって、
有益な情報になると思います。


===========
新課程って大変なの?
===========

来年、一年間浪人してもう一回受験を考えてる人で
一番多い不安要素が「新課程」じゃないでしょうか。

これまでの試験による
「傾向の確認」が不可能になるわけですから困りますよね。

つまり過去問をやったところで、
どんな問題が出るのかわからないんです。


これは大変だ。

しかも、旧課程をやっている人にとっては
新しい範囲を勉強しなきゃならなくなってますます大変だ。


どうなる!?どうなるの!?

ってなるのが当たり前ですよね。
僕があなたの立場だったらおそらくなってます。


インターネットにはいろんな情報が飛び交っていますが、
どこを信頼していいのかわからない。

そこで僕は、実際に高校に行って
高校の先生に直接聞いてまいりました。



新課程って大変なの?

という問いに対していろんな先生に聞いた答えをまとめてみました。

結論だけいうと、


「大変。だけど皆同じ。」


です。

===============
今回変わるのは数学と理科のみ
===============

2年後には英語、国語、社会が変化するようですが、
今年はそのままだそうです。


教科のどこらへんが変わるのかはまた1つずつ詳しくお話しますが、

簡単にまとめると

数学は範囲が増加。


理科は ⅠとⅡ にあったものを 基礎 無印 に分けて、選択が必修に。

という感じです。


数学では数学Cがなくなり、
その一部の範囲が数学Ⅲに導入されます。

整数、データの処理、複素数平面という分野が追加され
数学Cの行列が廃止されました。



理科は、全体的に変更の仕方が似ています。
(細かく言えば多くの点で違うのですが、変更の仕方が数学とは傾向が違います。)

化学を例にだすと

化学Ⅰ、化学Ⅱから基礎化学、化学

に変化するさい、


化学Ⅰの理論化学とⅡの一部の理論化学が「基礎化学」

化学Ⅰの有機化学、無機化学と残りの化学Ⅱのすべてが「化学」に移行されました。


つまりは

化学Ⅰ 50 化学Ⅱ 50

だったものが

基礎化学 25 化学 75

になるイメージです。

他の物理や生物も似た感じです。
(何度も言いますが、細かい部分は教科ごとの説明でお話します。)



これが何を表すのかというと、基礎◯◯はとても楽になります。

========

文系は理科を2つ選択するようになって、
負担が重くなるように思うけど
テストとしてはだいぶ簡単になると予想される。

範囲が狭くなるし、そんなに難しいのも出せない。

なぜならセンター試験は平均点を60点にしないといけないから
たとえ負担が増えたなら、問題は簡単になるだろう。


とにかく初年度一発目はそんなに難しい物を出せないと思うよ。

========


理科の先生はこう言っていました。


これは確かにそうで、

例えば漢文と現代文。

どちらの文章が簡単かといえば、漢文ですよね。

でも漢文は知識がなければまったく読めない。


一方現代文は、文章を読めても意味が理解できなかったり
問題を解くのが難しかったりする。


つまり、負担がどの基準に置かれているかで、試験の難易度は変わるんです。


漢文  読むの難しい
   (暗記していないと読めない) 
    問題簡単

現代文 読むの簡単 
   (暗記をしていなくても読める) 
    問題難しい


こういったイメージですよね。

それと同じで、
今回の新課程も、たしかに負担は増えるけど
その分問題は簡単になると思われます。

だからもし、ビビっているのなら安心してください。


周りは「変わる。やばい!怖い!」
って言ってる人ばかりです。

つまりチャンスです!

皆が不安に怯えている間に
あなたは、一気にやってしまうんです。


その間に自分に力を蓄えていき、
おそらく簡単になるであろう試験に備えることが重要です。


大丈夫。絶対にできます!


範囲が増えようがなにしようが、
全部コアにしてしまえば問題ありません。



浪人が、新課程を学ぶべきか
それとも旧課程措置を信じて、旧課程を学ぶのか。
これはまた後日お話しましょう。



結論としては、

皆同じだ。大丈夫。です。




では!




=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在380名以上が読んでおり、

偏差値が15上がった生徒
早寝早起きが自然とできるようになった生徒
1日12時間以上の勉強をコンスタントになった生徒
自分の夢に自信を持てるようになった生徒

が出ています。
今年のセンター試験では794点とった生徒や
合計点数を約100点上げた生徒も出ました。

今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
新課程について ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。