借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択

最強の暗記勉強法 [暗記]

暗記のための最強の時間術



英単語、暗記例文、化学の無機分野、有機分野、社会全般、数学の解法



なんでもそうですが、大学受験は結局「暗記大会」です。英文和訳は頭を使いますよ!って言いますが、それだって英単語覚えて、熟語覚えて、文法覚えて、英文の分析の仕方覚えて、で綺麗な日本語の書き方を覚えてるからできるんですよね?

僕らは暗記できなきゃ勝てないんです。

僕はコツコツ暗記するのが嫌いでした。


昔からなんでも「効率的」にやりたがる子供で、高校生になっても変わりませんでした。

暗記することを極端に避けてたんです。


大学入試でそれではダメだと思い知らされ、暗記の仕方を学びました。


暗記嫌いの僕が大量の情報を暗記できるようになった効率的な方法。それを今日はお話します。




暗記物は寝る前に、という話を色んな所で聞きますよね。

これは絶対に正しい。


人間の脳は寝ている時、 1日にインプットした情報の取捨選択を行っているのです。


そうして、脳が「いる」と判断したものが長期記憶となって残っていくのです。


ではどうやってその「いる、いらない」を判断しているのか。


1つは回数。

1日辺りに何回みたのかによって判断されます。


朝見て、昼見て、夜も見れば、それは脳が「いるじゃんこの情報」と判断するわけです。


そしてもう 1つは時間帯。

脳は寝ている時に取捨選択をします。つまりその直前に入った情報というのは「新品」の状態ですよね。

逆に朝入った情報は、ちょっと賞味期限切れかけです。

ですから優先的に朝の出来事は忘れ、夜の出来事を覚えようとしてくれます。


このことから、

暗記物は夜にやろう!ということが言えるのです。


では具体的にどうやって記憶を濃くしていくか。


この黄金ルールを覚えてください。

・夜 30分→朝30 分→昼 30分で前進
・土日で今週、先週、1ヶ月前の内容をメンテナンス


夜にまずは暗記します。

昨日もお話したように、短期間に高速で繰り返す手法でやります。で、短期記憶にまで至らせておきます。

また、 1日にやってきた勉強もこの夜の時間帯を使ってひと通りさらっておきます。 1コマの勉強あたり、5~ 10分ほど使って、さらっと見返すだけで全然変わります。

ようは何回見ることができたかが勝負なんです。



この次がミソです。

「翌朝に復習」

前日の夜にやった勉強をもう一度朝に復習します。

脳は寝ている時に「長期記憶候補コーナー」の方へ、前日学習した内容を分類してくれているはず。

そこで、もう一度朝その情報と出会うことができたら
「あ、やっぱりいるんだ」

とまた長期記憶の方へよっていきます。


そして極めつけが

「その日の日中にまたチラ見する」

です。

メインの勉強を始める前の5分間だけ使って情報を眺めるのです。また同じ情報が目に入ってくるので脳は
「またかよ。絶対いるやつやこれ。」

と判断してさらに長期記憶候補を高めてくれます。


この3段階を1セットとして日をまたいで行います。


最後は土日の復習です。


土日の勉強は、ツメツメの計画にするのではなく
平日に行ってきた勉強のメンテナンスをするという形にします。

(土日がもっとも集中して勉強できる人は平日にメンテナンスの日を設けても良い。
例えば土日月火水が「前進勉強」で木金が「メンテナンス勉強」としてもよいでしょう。)


これでまたさらに長期記憶につながります。


そして土日の勉強では先週前進した分、そして1ヶ月前に前進した分も同時にメンテナンスします。



この勉強は特に


単語、熟語、例文暗記

などの本当に「暗記するしかない」系のものに有効です。

数学や理科、英文解釈の「覚える部分よりも理屈を理解する」比重が高いものに関しても使ってはいけますが、単語や例文暗記ほど神経質にならなくていいでしょう。


あくまでも「暗記」することでしか価値をうまない勉強にはこれを使っていきます。

もちろん理屈重視のものでなかなか覚えられない分野が出てきた場合にはこの勉強法も使えるのでそういう時は積極的に使いましょう。



まとめ

・夜 30分→朝30 分→昼 30分で前進
・土日で今週、先週、1ヶ月前の内容をメンテナンス



以上ですありがとうございました^^








現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。