借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択
勉強道具 ブログトップ

勉強の時のオススメのノートはこれだ!・・・ん?ノートじゃない? [勉強道具]

安い!多い!書きやすい!


※ジャパネットたかたさんで再生してください


=================

さぁ~!皆さん、

ジャパネットたかたです!


今日は受験勉強に役に立つ、アノ!商品の紹介です!



寒い時期に入ってきまして
もう受験まであと少し!



ラストスパートを迎えている!

そんな皆さんの力になりたい!

そういう思いで今日は!
今回のこのぉ 商品をご紹介します!



今回の商品はこちら!


A4コピー用紙と、



クリップファイル





さぁ、まずはこちらを御覧ください。


A4コピー用紙です!


見ってください
この白さ!!



太陽の輝きのように明るいですよね!

まさに純白!


サイズもこれ以上、これ以下でない絶妙なちょうどよさ!






いやー素晴らしいですねぇ・・・どうです皆さん!


















え?











なんですって?












ただのコピー用紙じゃないか」ですって?



・・・











そぉーです!
ただのA4サイズの真っ白なコピー用紙です!










でも?





ご安心ください!






このコピー用紙と受験勉強を組み合わせることで、とっても効率の良い勉強ができるんですよ!





コピー用紙を使って何をするのかといいますと、書く勉強です!



まずは、「書く」という勉強法のおさらいを見てみましょう!



では、ここでsinさんに交代します!


==============


どうも、sinです。

たかたさんに紹介されてしまったので、


勉強法について話していきましょう!


今日の主人公は「書く」!です!


書くことには3つの役割があるので、まずはその大まかな役割を見てみて下さい^^

1、アウトプットの手段

2、理解の壁を超える手段

3、暗記の壁を超える手段


この3つです。

では説明を始めます。

--------------------------------

あなたは今、何を使って勉強していますか?

単語帳は見る。
参考書を読む。
問題集を解く。


見る勉強法をブログやメルマガで、散々発信してきたので、

書くだけの勉強からは卒業してくれたと思います。



知識を習得するにあたって必要なのは理解することです。



読んだり、見たりするだけで理解ができるなら、

「書く」作業は省略してもいいと思います。



理解し、暗記できるまで「見る」「読む」「音読」を使って繰り返してから

1つのアウトプットの手段として「書く」を使えばいいのです。


そうすれば、大きく時間を短縮できますね。




例えば英単語なら、見て、読んでいくだけでだいぶ暗記できます。

僕も英単語は最初は書いて覚えていましたが、
1秒1単語を覚えてから書くことはほとんどしていません。



受験が終わった今となっては思うことは、
後半の受験直前2ヶ月くらいは書いて、書いて書きまくって
詰めて暗記していくべきだったかなーって反省点はありますが


基本的には見て読んで音読だけで95%はクリアできます!




ただ、

「読む」「見る」という勉強法は、かなりの時間を短縮することができますが、
少々複雑なものになると理解できないこともよくあります。


複雑なものといえば数学、それから英語とかもそうですね。


ようは読んでみても 「ん?何だぁ?」ってなるやつです笑


英語も難しい構文を使っているとなると理解がややこしくなることも多々あります。


その時の対処法として、「書く」という勉強法を使おうというわけです。


つまり「書く」を理解の壁を越える手段として使うのです。


今朝も書きましたが
書くことは言葉を使って物事を客観的に見ることができます。


という理論以前に書くことは勉強の基本ですよね。
これまで、ずっと書く勉強をしてきたのですから。

当然書くことで理解をしてきた経験の方が圧倒的に多いはずです。

理解の壁を越えるために
「書く」を使う。



そして、さらに


見る、読むだけの勉強ではどうしてもスピード重視になってしまいます。

そうすると暗記する際に「抜け穴」を作ってしまうこともあります。


そんな時にも、「書く」を使えば効果的です。



書くことは短期記憶する際にはもってこいの手段です。


ですので、
なかなか覚えられないなぁと思うことはまず書いてみる。

そこから何度も何度も見て復習する。




そうすると、

最初から何度も見るという勉強をした場合と、
最初に書くことをした場合では
スタート地点が100mくらい違うということになります。


一度短期記憶できたものは、暗記しやすくなります。
起爆剤のようなものです。


なかなか暗記できないのは短期記憶すらできていないということです。



ですのでまずは一瞬だけでも覚えてしまいましょう。


まとめると「書く」は

1、見る、読むことで理解、暗記の壁を越えることができたもののアウトプットの手段

2、理解の壁を超えられなかった時に、一度書いてみることで理解をすすめる。

3、暗記の壁を超えられなかった時に、一度書いてみて短期記憶を行い、暗記の起爆剤にする。

大きく分ければこの3つの役割を果たします。


「書く」という勉強法も
大いに有効活用すべき勉強法です。


ようはバランスですね。

書く、見る、読む、聞く、音読する、
イメージする、関連付ける、なぜだろうと考えてみる、
説明してみる、
立ちながら何かしてみる・・・

・・・


様々な手段を試していくことで、学力は身につきます。

「これだけやっとけばいいですか!?」
なんていう質問の答えはありません。

例えば英語は音読だ!

っていう人いますが、そればっかりじゃやっぱりダメで

「1つの手段として利用する」

という意識が絶対に必要です。


数多くある勉強の手段のうち、1つに「書く」があって、

それをちゃんとうまく使えば効果的なんですよっ


こういうことです。


と、いうわけで

書く勉強も大切だってことを
なんとなく理解してくれたと思います。


では、たかたさんに代わります。

---------------------


そういうわけなんです!

ジャパネットの時間が帰ってきましたよ!!!



書く勉強も必要になってくるわけですよねぇ!

でも書くなら別に
ノートでいいじゃん!






と思うかもしれません!










ご安心ください!


なぜ、ノートじゃなくコピー用紙なのかということを
説明しましょう!



まずこの純白カラー!


二次試験の試験本番では「真っ白な大きな答案用紙」
を配られます!

ノートのように線はついて、いません!



と、いうことは!


あなたの毎日の書く勉強で「試験本番」に近い勉強をできるんです!




こーれーはお得!

さらに!




まだまだありますよ皆さん。。




B5サイズのノートというのは、比較的書く勉強をするには小さいのです!

A4サイズを机に出してもらうとわかりますが、

ひろっびろと書くことができます!





これを縦に半分に割って細長い用紙二枚分と考えればぁ


数学の試験本番の感覚を味わうことができます!


数学の答案は縦に流れるように書いたほうが見えますからね!


横に半分に割って、A5サイズ2枚分と考えれば英語の記述問題、英作文の問題をやるときに便利です。




そして、最後に!


なんといってもA4コピー用紙は安いです!

ノートはどんなに安くても1冊30円くらいです。ページ数は30枚くらいなので、安くても1枚1円です。

ところがA4コピー用紙は500枚で230円とかがザラにあります!1枚1円以下なんです!

これはお得ですよねぇ!


地元のホームセンターとかにいってみてください!ありますから!



これだけ役に立つ
A4コピー用紙!



今ならセット
「クリップファイル」
をお付けします!


-----------------

と、いうわけです(笑)


クリップファイルがあれば、まとまりのないA4用紙をまとめておくことができ、それさえあればどこでも書く勉強することができます。

100均で売ってますし
アマゾンでもクリップファイルって検索かければ変えます。

硬いプラスチックの下敷きの上部(側部)に紙を止めるクリップがついてるやつです。

町中アンケートとか、病院の初診のときとかにも使います!


大体、1回30枚分くらいを詰め込んでおけばちょうどいい厚みで勉強しやすくなるでしょう。



コピー用紙
クリップファイル


1つのツールとして紹介しておきます笑

やってみたい人は使ってみてください。
別に使わなくても合格できますが笑

でも僕は好きなので今でもよく使ってます笑



では今日は
こんなところです。


変わった記事でしたが、どうでしたか?
うるさかったですか?笑


はい終わりです!
お楽しみ様でした!


=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在826名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
勉強道具 ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。