借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
各科目の時間配分 ブログトップ

1日にどの教科に何時間使えばいいの? [各科目の時間配分]

受験生LINEサポートで良い質問が出ていたので
紹介したいと思います。

=======================
日々の勉強は全ての教科を毎日こなしていったほうが良いのでしょうか?
もちろんすべてを毎日がっつりではなくとも、
例えば今日は古文は単語だけだとか数学は簡単な問を確認程度になど配分は考慮した上で、です

それとも曜日毎に少ない教科数に絞ってひとつずつ一気に仕上げていく方がいいのでしょうか

時期によって切り替える、って方法でもかまいません、アドバイスいただけませんか?
=======================



まず。
受験科目を大きく分けると

数学、英語、国語、理科、社会ですよね。


この中で成績を上げるのに時間がかかる科目はどれでしょうか。



数学、英語、国語(特に現代文)です。


理科、社会も時間がかからないというのは
とんだ嘘になりますが、上の3つと比べ

比較的短い時間で成績を上げることができます。


数学、英語、現代文の力は一朝一夕ではつきません。

数学は1つの公式を覚えるだけでは
本当に簡単な問題しか解くことはできませんね。

複数の公式を使いこなせるだけの技量を身につけ、
解法を覚え、パターンを覚え、・・・

とにかくやることがたくさんあります。

英語は単語、熟語、英文法からはじまる知識から、
英文解釈、英作文、速読などの応用まで
幅広く学習することでジワジワ点数が上がる科目です。

一度成績が上昇すれば、その実力を維持しやすい科目です。


そしてなんといっても現代文。

この科目こそ、キーです。
現代文を学ぶこと=全ての科目の点数アップ です。


大げさな話だなと思うでしょう。


僕も思ってました。

ドラゴン桜で国語の先生がこんな旨のことを言ってたわけです。

でも、嘘じゃないんです。

僕も現代文を真面目に勉強しだしてから急激に成績が伸びました。


数学、英語、古典は毎日に学習するべき科目です。

逆に、理科社会は日を置きながらやっていってもいいです。


もちろん効果が出やすい勉強法は、
毎日続けてやっていくことですが、
そこは自分が一日に使える勉強時間と相談ですね。


理科、社会、古文、漢文は

力をつけたいのなら、この中で2科目選んで
集中して一気に入門編を終わらせてください。

基礎のちからをつけるときは一気にやったほうが効率がよいです。
ある程度、力がついてきて
過去問を解いても70点ほどとれるのであれば
3科目に増やしてもよいですが

そのレベルにまで達していないのなら
2科目に絞ってやってください。


数学、英語の実力をつける。
現代文で全ての科目を底上げ
ローテーションで理科社会古文漢文


こんな感じでやってみてください。


試験本番が近づいてくるにつれて
理科社会古文漢文+暗記モノ
にかける時間を増やしていくイメージ
でお願いします。


以上です。



効率的な勉強法、モチベーションを保ち続ける方法、心の底からやる気を出す方法、集中力を鍛えまくる方法、いつでもポジティブでいられる心、毎日自分を進化させ日々行動していける自分になる方法。これらの情報に加え受験生にとっての必須情報を毎日LINEやメルマガを使って発信しています。その名も
「受験生LINEサポート」


あなたがもし・・・

「志望校に絶対合格したい!」

「だけど、最近ヤバイなぁ・・・」

と考えているなら、新しい世界が開けます。
現役生も予備校生も宅浪生も、中には高校2年生の人までいます。
参加は無料です。


⇒今すぐ参加してみる


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
各科目の時間配分 ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。