借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択
ことばはちからダ! ブログトップ

【現代文の勉強法】オススメ参考書「ことばはちからダ!」 [ことばはちからダ!]


たとえ日本語でも
「単語」がわからなければ
「文章」は読めない。


ことばはちからダ1.jpg




現代文の勉強法と聞くと
文章を読むためのテクニックであったり、
問題を解くためのテクニックであったりと
テクニック論がよく語られます。


予備校の先生も

「このように線を引いて

と言ったり、

接続詞に注意して」

などと繰り返します。


彼らを否定するつもりはまったくありません。

当然ながら、テクニックは大切なツールです。


あなたは読み方を知ることで文章を読みこなすスピードと
文中で大切な部分がどこかを正確に見抜く力を
圧倒的に上げることができます。


解き方を学べば、正答率は上がり
2択の選択肢を迫られた時に勘ではなく
自信をもって解答することができます。





しかし。

ことばはちからダ.jpg



そもそも読み方や、解き方というのは
文章の意味を理解して初めて使えるもの。




文章の意味、

いや


文の意味、

フレーズの意味、


「単語」の意味を


理解していることが前提条件です。



小学1年生に
「現代文を読むときに
逆接の接続詞の前後に注意するんだぞ」

などといって、センター国語で得点できるでしょうか。


よっぽど、本が好きで好きでたまらず
辞書を片手に読みふけっている子ぐらいにしか
効果はないでしょうね。




現代国語も、英語と同様 単語を知らなければ文章など読めるはずがない。

現代文の勉強法は単語を学ぶところから始まります。

こちらの引用を御覧ください。

==============
大学入試センター試験の評論文の様変わりにはめざましいものがあります。(中略) そうした傾向・動向に基いて「現代文」読解に必要で、重要な、キーになる「言葉」も変化しているはずです。 しかも、「言葉」は抽象的で難しいものが多い。従来の類書はそれをまた、厳密に定義しようとするためか、難しい内容で置き換えたようなものが多いのですが、それは現代文嫌いを作る原因にこそなっても「文章を読める」ようにはしていないと私達は考えました。つまり、説明はできるだけ優しく、イメージアップされるように、を目指しました。
==============
河合塾講師(牧野剛、吉田秀紀、前島良雄、三浦武、後藤禎典、共著)
『ことばはちからダ!現代文キーワード』(河合塾出版、2001年)



彼ら精鋭の講師たちがそう言うだけあって、
ことばはちからダはかなり勉強しやすい教材です。

この参考書は薄いですが、情報の質は高く、そして密にまとまっています。
とても取り組みやすい参考書です。


現代文の勉強法!

といって現代文の問題集を解きまくったら
成績は上がるのか。
上がりません。

単語の意味がわかっていない状態で
闇雲に勉強を進めていっても、時間だけがかかります。


虚構という単語の意味を説明してください。

観念と概念の違いについて説明してください。

総合の対義語は何か。答えてください。



これらの質問にあなたは答えることができますか?


こういった、「なんとなくの意味しかわからない単語」を
読み飛ばしているうちは
文章の意味を真に理解できません。

まずはあなたの頭の中に知識のネットワーク
構築してください。


単語の意味と同時に
類義語、対義語、そしてその単語が使われるようになった時代背景。

それらをこの「ことばはちからダ!」は教えてくれます。





現代文って嫌いな方は「読むのも嫌だー」
となることが多いのですが(実際僕もそうでした)
この本はなぜかドンドン読み進めたくなります。

面白いんです。



例に挙げた重要単語の意味を覚えるのはもちろんですが
この参考書を読み進めていくだけで、
国語力がドンドンついていきます。

そして読んでるうちに
自分の頭の中の知識のネットワークが
広がっていくのを実感できます。


根本的に頭の良さを上げる最強の参考書だと
思ってください。


この参考書によって得られた国語力は
全ての科目に使うことができます。


特に英語を読解する際にも役立ちます。
二次試験の英語というのは抽象的なものが多いですから。


超おすすめ参考書です!

国語を受験する人はもちろん、
受験しない人にも一読してほしい良書です。





ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

  • 作者: 前島 良雄
  • 出版社/メーカー: 河合出版
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
ことばはちからダ! ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。