借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択
国語の勉強法 ブログトップ

センター古文で8割取るための勉強法!5つのステップ [国語の勉強法]

おはようございます

sinです。

今日は古文の対策方法について話しましょう。


古文は、はっきり言って
僕が一番キライな科目でした。


英語みたいに

単語を覚えたり、文法を覚えたり
しないといけないし、

選択肢はかなりややこしいし、

短歌とかも面倒くさい。


出来たら理系の2次試験にある科目を
ずっとやっていたい。


でも、理系だと
センターの国語の配点は
結構重視されるから、やらねばならない。



大嫌いだけど、対策しなきゃいけない。


ぐぬ・・・


って感じ。


そんな僕に最近

「古文の模試の点数が落ちてしまって
ヤバイです。どうしたらいいですか?」

という質問のメールが来ました。


基本的に、古文の勉強

英語の勉強と同じと思って下さい。


覚えるものの数は、英語よりも
遥かに少ないですが、根本は同じです。


0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。



基本的な流れはこんな感じです。


まず最初に、分かんなくていいから
過去問を見て、時間を決めて解いてみるのが
とっても重要。


その経験が「何をどう対策すればいいのか?」
の問題意識を自分の体に教えてくれます。


過去問は、知識を身に付けてから
って言う人いますけど、逆です。


過去問を解いてみて、解けないから
知識を身につけるのです。




単語の暗記法は僕のYoutubeに
乗ってる「英単語の覚え方」の動画
見ればなんとなく分かってもらえるはずですし

暗記物は究極あれでやればいいと思います。


参考書は、もう1つの動画の
1ページサイクルの方法などを使って
さくさく終わらせてみてください。


教材は、ブログの検索で
古文のオススメ教材リストなんかも
載せているんで、その中から
自分に合いそうなものを選んでみること。


塾に行ってるなら
その教材を極めてもいいですし、


とにかく



0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。

を順々にこなしていく。


ただ、
0〜4を個別でこなしていくのではなく
あくまでも、大体の順番がこんな感じで、

同時進行でやっていけばいいです。


例えば、0やりながら
わからなかった単語は覚えればいいし

単語を覚えつつ、文を読む練習もしたらいいし

極端に0!1!2!

みたいにやらなくていいんで。



点数を取るためにできることを
一つ一つ押さえていけば、
ちゃんと点数を取れるようになるはずです。



大学受験はやるべきことは
マジで大体決まってるんで、

あとは「やるだけ」です。



スタートダッシュを決め続けるだけ。


ただ、それだけです。



もう一度まとめると
古文の勉強法

0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。


という感じ。

0番、大切です。


さ、今日も元気に
やってきましょう!


それでは。


sin


現代文勉強法第三ステップ [国語の勉強法]

こんにちは。
前回に引き続き現代文の勉強法について書いていきましょう。


現代文を得点するのに必要な力は

・知識のネットワーク
・論理的思考力

とお話しました。

しっかりと得点源にするのなら
どちらも中途半端にしてはいけません。

僕が国語を最後までモノにできなかったのは
「論理的思考力」の重要性に気づくのが遅かったからです。


もっと早く気づいていれば…と悔やまれます。


ちょっとかっこ悪い話ですが
僕の悪例を反面教師にして
皆さんはこの論理的思考力を磨いてください。




論理とは、物事の筋道のことである。
筆者は自分の主張を筋道を立てて説明する。
読解は、その筋道をありのまま理解することであり、
それを無視して、自分勝手に読み、自分勝手に答えるから、
本来論理の教科である現代文が一転してセンス・感覚の教科になるのだ。

現代文ほど成績の上がりやすい科目はない。
そして、そこには一貫した方法があり
正しい方法で一定の訓練さえ積めば、だれでも高得点を取ることが可能である。

(出口現代文講義の実況中継①より引用)


これ受験国語界では最も有名といっても過言ではない

出口汪先生の著書
「出口現代文講義の実況中継」シリーズの冒頭に書いている言葉です。


この参考書では
論理的に考え、問題を解くためにはどうしたら良いのか
について詳しく書かれています。


国語が苦手と感じていた僕もこの参考書を読むことで
論理の大切さを学びました。


世の中には理不尽な事がたくさんあります。


例えばこんな話。



郵便受けに「期間限定!半額セール!」と書いてあるビラを見た
とある主婦は某レンタルショップ店に足を運びました。


半額と聞いて浮かれてしまった奥さんは
予定していた量の2倍の量のDVDを借りていきました。


ところがその1週間は思った以上に忙しく
あんまり見る時間がありませんでした。


返却日を過ぎてから来た主婦に
「延滞料金○○円になります」と店員が言うと




「こんなに借りたんだから見れるわけないじゃない!!!」



とヒステリックに叫んだという。



さて、変な例を出しましたが(笑)

このお話の例では奥さんが論理的に考えられていないんですね。


・レンタルショップの延滞料金制度はきちんと覚えておく。
・そもそも1週間の予定を把握しておくこと。
・遅れたのは自分であるのに他人に文句をいう。


奥さんが論理的な思考力をもっていればこんな発言は出ませんね笑


この記事を読んでくれているあなたは
絶対にこんなことないでしょうが、あくまで一例です。


世の中にはこういった感情論で理不尽な発言を繰り返し
論理的に考えない人が蔓延っています。


それゆえに論理的に諭してみても
「うるさい!」
と片付けられてしまうことも多々。




が!!!!



受験現代文は常に論理的思考力に基づいて
問題が解けるようになっています。


上の論理はものすごく簡単な論理ですが
現代文に出てくる小難しい日本語の論理をたどるのは


論理的な読解法と
問題に対する論理的なアプローチの方法
を身につけ、

実際に練習していかなければなりません。


その読解法と、解答法の基礎知識を身につけるために

是非

出口現代文講義の実況中継シリーズに取り組んでください。


実況中継シリーズは全部で3冊あります。

記述式が必要な人は3まで。
マークだけの人は2までで構いません。
そんなに現代文にたくさん時間をかけられない・・・
という人は1だけでもいいです。


そのかわり


1~3全てやるにしても、1だけやるにしても
1回読んだだけで満足しないでくださいね!


受験勉強効率化の基礎でもお話したように
何度も何度も繰り返して
「無意識に落としこむ」ことが最終目標です。

出口先生の論理的な考え方をあなたの無意識に落としこみ
現代文の基礎を完成させてください!




New出口現代文講義の実況中継 1

New出口現代文講義の実況中継 1




NEW出口現代文講義の実況中継 (2)

NEW出口現代文講義の実況中継 (2)

  • 作者: 出口 汪
  • 出版社/メーカー: 語学春秋社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本



New出口現代文講義の実況中継 3

New出口現代文講義の実況中継 3

  • 作者: 出口 汪
  • 出版社/メーカー: 語学春秋社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

現代文勉強法第二ステップ [国語の勉強法]


こんにちは。sinです。

現代文の勉強法の前回の記事はご覧になられたでしょうか。

読んでいないかたはまずはこちらを御覧ください。
現代文の勉強法第一ステップ


現代文で得点するならまずここから!

・現代文の文章は小難しい日本語が多い。
・本文を理解できなければ当然解けるはずもない。
・本文を理解しなければならない。
・本文を理解するためにはその中に出てくるワードの意味をきちんと抑える
・単純な辞書的な意味ではなく、生きた日本語として意味をとらえる。
・それを説明してくれているのは「ことばはちからダ」という参考書。
・まずはこれを読破して自分の中に現代文を解くための知識のネットワークを築く。

上に書いてあることが理解できたら、そこから取り組んでください。

今から書くことはその次のステップです。
現代文を読み解く方法論についてお話します。


●現代文の読解法●

僕は現代文がずーっと苦手でした。
国語自体が嫌いでした。

本当は逃げたかったです。やりたくなかった。
だけど、国立大学を受けるなら受けることが必須だったし
理系だったのでセンター試験の国語の配点は高かったです。

僕にとって国語という科目は宿敵なんです。

宿敵であったがゆえに克服するためにいろいろ悩みました。

そして悩みまくった結果、これをすれば伸びるだろう!
という一つの解は出ました。


それは「論理的思考力を鍛える」
ということです。


論理的思考力は現代文の本文を読み解く上で必須の力です。


筆者はこの文章でどういうことを伝えたいのかは
文章を漫然と読んでいるだけではなかなか理解できません。
少なくとも僕は理解できませんでした。


流し読みでパーッと読んでいっても
結局、本文で何が言いたかったのかが理解できないまま
だったんです。

これから紹介する教材はその疑問はもちろん
問題を解くにはどういうアプローチをかければいいのかが
わかります。

それがこちらです。

test
田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式

田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式




「田村のやさしく語る現代文」

薄い参考書&問題集です。

これに書いてあることは現代文をこれから勉強していく上での
土台となります。

どんなことが書いてあるのかを抜粋していきます。

第一部

1章 現代文は、これがわかればできる!
☆現代文はどうすればできるだろうか
☆現代文の性質はどういうものだろうか
☆現代文で〈客観的〉とはどうすることだろうか
☆現代文でしてはならないことは何だろうか
(中略)
☆本文のどこが一番大事な部分なのだろうか


2章 現代文を解く道具はこれだ!
☆現代文で特に重要な言葉は何だろうか
☆「助詞」とはどのように重要なのだろうか
☆特別な働きの「助詞」
☆「接続詞」はどのように重要なのだろうか
(中略)
☆入試問題の〈約束〉

3章 現代文、ここまでわかれば立派!
☆〈論理的〉とはどういうことだろうか
☆〈論理的〉に〈読む〉練習に必要なことは何だろうか。


第二部 入試現代文に挑戦しよう
(問題が5問ついてます)


これらは目次から一部を抜粋しました。
一部にすぎません。これの2倍くらいの分量はありますね。

田村先生はこれらは話し言葉で丁寧に解説してくれているので
現代文がもともとできなかった僕でもスラスラ理解することができました。

さらに薄いので短期間で繰り返し取り組むことができます。

効率的に楽しく勉強するには「短期間」で「繰り返す」
のが必須ですね。

なぜなら、自分にその学習した内容が
自分の身についているかどうかがわかるからです。

成長を感じた時に人は楽しいと感じます。

超効率的!数学の勉強法
http://sinphony.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16

でもお話したやり方
学習していってください。

あれはどの教科にでも応用出来ます。
まずは記事をしっかりと読んでみて
それでもわからなかったこちらで聞いてください。

sin0.phony@gmail.com

まずはこの田村のやさしく語る現代文を
マスターすることで、現代文の読み方をしっかり身につけてください。

そして論理的に読むことの基礎を学んでください。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

現代文勉強法 第一ステップ [国語の勉強法]

皆さんこんにちは。sinです。

古文、漢文に続き、国語最後の最重要科目
現代文の勉強法についてお伝えしたいと思います。

現代文の力というのは全ての科目の点数に影響されます。
現代文を鍛えることで、のちのちの成績の伸びが変わってくると言っても
言い過ぎではないでしょう。

それだけ重要な科目なので、僕の方からあなたにお伝えする際に
一つの記事ではおそらく伝えたい事を伝えきれないと思うのです。

そこで、今回の記事では現代文の力を身につけるためには
まず何をすれば良いのか。
最初は何に取り組めばいいのか。

これについて、理由とともにお話をしていきます。



●知識のネットワークを築く●



まず現代文の力とはそもそもなんでしょうか?
文章を読む速さ、文章を理解する力、解答を作る力

現代文の力も英語同様に様々な力の集合体なわけです。

その様々な力を一気に習得することは当然ですができません。
言語系の科目を効率的に学習するには
学習する内容の順番をしっかり守ることが必須です。

英語の場合は最初にやるべき勉強は
単語、音読、文法、読解の初級レベルから取り組むことでした。


現代文もそれと似ていますが
現代文の単語力というのは英語の単語力とまた違います。


英単語だったら

もともと知っている日本語が英語になっていて
その英語と日本語を結びつけて覚えていく。

こんなイメージですね。


認識する→recognize→なるほど→何度も見る→覚えた!→本文中に出てきて訳せと言われた→認識する→正解!


これが英単語を覚える意義です。
意味を結びつけて、試験でそれが書ければ得点できます。



現代文における「単語」とは全然違います。


この「認識する」という動詞。
この単語が意味することを説明できるでしょうか?

認識する とはどういう意味か。20字以内で述べよ。
と記述式の問題が出てきたら解けますか?

認識するは認識するやろ!
ってなりますね僕なら。


「認識する」ならまだいいほうです。
日常的にまぁ使う方の単語なので。


これはどうでしょう。
観念と概念の違いを20字以内で説明せよ。

日常的には使いませんが現代文の問題なら頻出ワードですよね。
あなたは説明できますか?


現代文の文章ではこういった
「普段話し言葉では使わないような小難しい日本語」
が頻出します。


単語の意味がわかっていなければ結局
知らない英単語と同じなんです。


と、こ、ろ、が



まるで自分は意味をわかっているんだよ。
と感覚で文章を読み飛ばしていってしまうんです。

現代文が得意な人は
しっかりと意味を捉えられており高い得点を叩き出しますが

わかっていない人は誤読に誤読を重ねて得点できません。


単語単体の詳しい意味を理解している人間も
理解していない人間も、そういった細かい事実に目を向けず
点差が現れてしまうこの現象に

「現代文はセンスの科目だ」

と妄想による解を出してしまうんです。


でも違いますよね。
文章中に出てくる難しい表現をきちんと
自分の中で捉えることができているなら、本当の意味で本文を理解していくことが可能ですよね。

現代文特に無勉強でできちゃう、という人に聞くと
「よく本を読んでいる」という答えを聞きます。

昔から様々な本に触れ、語彙のシャワーに浴び
その意味を自然と潜在意識で捉えられているんです。

じゃぁ本を読めばいいの!?受験生なのに!?


と思われるかもしれませんが、それはNGです。

本は小難しい表現が出てきても
あなたに意味を細かく教えてくれはしませんよね。

受験に関係のない本から語彙を身につけるのはいささか時間がかかります。

僕のブログのコンセプト「効率的」に従っていません。


読書がしたい人はどうぞしてください。
ただし、受験生の勉強としてそれが不向きであるということを自覚した上でやってください。


現代文の問題には小難しい日本語が出てきて、
その意味がわからなければ誤読を起こしてしまう。
誤読を起こせば当然得点も下がる。

ではその小難しい日本語の意味をしっかりと抑えるところから始めるべきです。

小難しい日本語について語ってくれている
参考書を学習せねばなりません。


そこでむちゃくちゃオススメの参考書があります。

それが

「ことばはちからダ」


という河合出版の現代文の参考書です。


ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

  • 作者: 前島 良雄
  • 出版社/メーカー: 河合出版
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本




これは本当に素晴らしい教材です。
現代文に対する意識が一気に変わりました。

今まで自分がどれくらい曖昧に読んでいたのかに気づくことができました。

この本は入試現代文に頻出のキーワードについて
たくさんの言葉を使って丁寧に説明してくれているものです。


単なる辞書とは違うのは
人間の長年培ってきたその単語本来の生きた意味について説明してくれている点です。

辞書で逆説と引くと辞書的な無機質な書き方で説明が書かれていますが

ことばはチカラだ、ではそれについて見開き2ページの合計4ページに渡って
具体例や背景知識などを交えて
くわーしく説明してくれています。

それに加えてそれに関連する同意語、反義語なども同時に説明してくれているので
知識のネットワークがグーンと広がります。

受験勉強効率化の基礎の「暗記する」の分野でお話した「関連付ける」
を勝手にやってくれているんです。良書ですね。


語句の説明も素晴らしいのですが
なんといっても2章の現代文の背景知識が目玉です。
勉強不足で、現代文はもちろん、日本史や世界史にも触れてこなかった僕は
これに感動しました。


現代文でよく出てくるアイデンティティの話や
宗教、芸術の話は、ヨーロッパの哲学者の話が基本になっていることを知りました。

物事を客観的に見るとはどこから始まったのか?
人間と自然の関係性はいつから変わったのか?
現在の急速なテクノロジーの発展にはどんなきっかけがあったのか?


まだまだたくさんありますが
僕には新鮮な内容ばかりで夢中で読みました。


それまで
「こんな難しい文章誰が読んで得するんだろう」
と思っていた文章のみかたが
がらっと変わったんです。

その瞬間から、現代文面白いなという意識が芽生え始めました。


現代文の力をつけるための第一ステップは

知識のネットワークの構築

です。

単純な語彙力をつけたければ辞書でも読んどけばいいのです。
そうではなく、同意語や反義語、そして文章中でその単語が実際にどう使われているか
さらにはその単語の概念が生まれるにあたって人間がどういう営みをしていたか
その背景にはなにがあったのか。

それらをまとめて学習すること単なる知識でなく
知識のネットワークが出来上がります。

知識と知識が絡みついて関連付けされることで頭にねっとり残ります。
ちょうど蜘蛛の巣が脳みそにへばりつく感じです。気持ち悪いですね笑


今回お話したいことは以上です。
現代文の話はまだ続きます。
これから連続では書きませんが絶対にいずれ書くのでその時には是非!

おそらくあと2記事に渡ります。
まずは素直にこの知識のネットワークの構築を楽しんでください。

それはこのへんで!
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
国語の勉強法 ブログトップ
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。