借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成

バタバタせずに、一点突破 [最近思うこと]

どうも、sinです。

 
昨日、一昨日は
バタバタした1日を過ごしていました。

いやー、忙しい。

でも、忙しいとか言ってるとき限って
実はあんまり何もできてなかったり。

 
忙しいって言ってる暇があるなら、 やるべきことをやろうぜって話ですよ。

 

受験勉強だって、同じなんですけど、

「やるべきこと」って
たくさんあるわけです。

 
勉強すればするほど
「やるべきこと」が生まれます。

 
例えば、昨日話した赤本だって

赤本を読めば読むほど

「あぁ、こんな勉強しなきゃいけないなぁ」

みたいな”課題”が出てくるわけです。

 

勉強しなければ、
課題を目にすることがないため、
やるべきことが増えることもありません。

 

つまり、人間って
行動すればするほど

・出来ること ・やれること

が目に見えてくるんです。

 
それ自体はいいことなんです。

 
だって
「こうすれば今よりもっとよくなれる」
「結果に繋げる行動がわかってきた」

という状態なわけですから

今より悪くなることってそうそうありません。

 
でも、だからといって、
それら「全て」を日々の中で こなそうとするのは不可能なわけです。

 

例えば、赤本を読んで
数学では数列の分野と微積の分野が
毎年出てるから、そこを固めよう!

と思ったとする。

もうこの時点で

 
「数列」の勉強という課題と
「微積」の勉強という課題の2つが
生まれてるわけですよ。

 
で、教科は1個じゃないんで

英語を見たら英語の課題がいくつか。

理科を見たら理科の課題がいくつか。

 
といった具合に、課題は
ドンドン増えていくわけです。

 

これまで、見えていなかった課題が
浮き彫りになってくる。

結果として

「うひょーやるべきこといっぱいだ
ヒャッホイ!!!」

ってなってくるわけですよ。

 

そして、1日のスケジュールを
そのやるべきことでミッチリ詰めちゃう。

 
ここまで誰もやってしまう行動の
テンプレです。

 

でもね、人間ってそんな 強くないわけですよ。

 
いくら自分で「やる!」
って決めたところで、これまでの
自分と大きく違う行動を

自分1人でこなそうとするのって 相当難しいんです。

 
特に、やるべきことを増やしすぎたときは
大体パンクします。

 

だから、もしやるべきことが分かって
増えてきたら、今度は

「何からやるか」

という優先順位を必ず決めるのが大切です。

 

優先順位を決めないままの行動って
マジで、カオスになるんで。

 
僕も日々、カオスなんで。

 

でも、逆にカオスな日常を シンプルに変えるだけで

行動量の絶対値は明らかに上がります。

 
もう間違いなく上がります。

 
人間、そんないっぺんにたくさんの事
できないです。

まずはシンプルに一点突破をしつつ、
徐々に広げていくくらいでいい。

 

バタバタせずに、一点突破で!

 

それでは、
今日も楽しんでいきまっしょい!

セルフブラック企業のススメ [最近思うこと]

おはようございます。
sinです。

 
今日は寝てません。

寝れませんでした。

 
現在関西にいるのですが、
終わらせておきたい仕事があったからです。

本当は夜の22時くらいには終わらせて
別の仕事もやっていく予定をしていたのですが、
予想以上に時間が掛かりすぎてしまい
結局朝になってしまいました。

 
今回の仕事はチームで行うもので
一人でやる作業よりも非常に
楽しい仕事になっています。

 

朝まで仕事って
どんなブラックだよ・・・

 
って思うかもしれないですけど
セルフブラック企業」は
実は楽しいんですよ?笑

 
自分自身でやるべき課題を決め それを遂行するために、 ガムシャラに動き続ける。

夢中になって、目の前のことに 没頭する。

 
熱くなれる。

 
これって楽しそうじゃないですか?

 
あなたもきっと一度は経験したことがあるはずです。

つい夢中になって時間を忘れて
ハマってしまう経験を。

 
夢中になり、その目の前のことに
没頭している時って、とっても
楽しくないですか?

 
僕の今の仕事の感覚は
それに近いものがあります。

 
だから、仕事というよりも 「遊び」に近い感覚なのです。

 
もちろん、仕事は仕事なので、
キッチリやるべきことはやっていきます。

 
でも、そのやるべき事が
「遊び」に変わった瞬間に
それはとっても幸せな作業に変わります。

 

受験勉強って結構特殊な位置にあるなぁ
と思っていて、

僕は受験勉強をしていた最初の頃は

勉強そのものに楽しみを
見いだせることって
あんまりありませんでした。

 
やっぱりなんとか遊んでいたかった。

やらねばやらないことから逃げて、
遊んでいたかったです。

 

ですが、その「やらねば!」が

「セルフブラック企業だ!」
「俺は俺でやるって決めてるんだ」

に変わった瞬間から
自分の中の感情がガラッと変わりました。

 
人間どうしても
「やらされている」と思うと
それに対して抵抗したくなるものです。

 
「やらされないと勉強しない」
という人は、それはそれで
いいと思います。

「勉強しなさい!」と言ってくれる人のそばにいたり
課題がたくさん出される環境下にいたほうが
きっと勉強が捗るんでしょう。

 
ですが、「やりなさい!」と言われて
やる気が下がる人は

とにかく

俺は自分でセルフブラック企業を選択してるんだ

という意識を持つだけで
受験への意欲がだいぶ変わります。

 
この勉強は俺にとっての遊びで これは人生を良くするための作業なんだ。

 
なんて思いながらやるのと

「はぁ・・・またやれって言われた・・・ やらなきゃな・・・」

って思いながらやるのとでは
全然違うと思いませんか?

 
だから、僕は
受験生にも
セルフブラック企業を推奨したいと思っています。

 
(徹夜を推奨しているわけではありません笑)

 
もし自分一人で出来ないのなら
仲間を作って一緒にやればいい。

 

とにかくまず、
「自分から」の選択に変えていくことによって 人生そのものの「やる気」は変わってきます。

 
だから、まずは
セルフブラック企業
をやっちゃいましょう(笑)

 

では、また。

勉強の結果は 地頭×戦略×時間×効率 で決まる


どうも、sinです。

 
今日も大阪と神戸で仕事をしつつ
メルマガ書いてます。

 
受験生は基本的に
平日と土日に差はないですからね。

 
何度もいいますが、
スタートダッシュが大切なんで。

 
一刻も早く、一秒でも早く 質の高い勉強をやっちゃってください。

 
質の高い勉強です。

では質の高い勉強法ってなんなのか?

 
それはズバリ

合格するための勉強法」です。

 


あなたは違うと思うのですが、

 
世の中の受験生って結構
合格するための勉強法
じゃなくて

 
ただ勉強するだけの勉強法
になっちゃってる人って多いんです。

 
もし

「あ、ヤベ…自分そうかも…」
と思ったら心して聞いて下さい。

 

多くの受験生は、勉強を
「ただ、勉強していればいいものだ」
と思って勉強しています。

 
その多くの受験生が
「勉強時間」に拘りまくってるんです。

 
確かに、勉強時間を取らず
「効率」だけを求め

 
「うへへ、俺は短時間の勉強でもいけるぜ」

 
みたいに調子乗ったことを言ってると
あんまりよくない結果が出る可能性が
高いです。

 
でも、逆に効率をまったく考えずに
ただ机に向かっているだけの状態で
何時間も勉強している「つもり」
になっている受験生も

これまたあんまりよくない結果が
出る可能性が高いのです。

 

一つ面白い、公式を紹介します。

 
次に書く公式は
「東大」「ハーバード」ダブル合格
16倍速勉強法(著・本山 勝寛)という本に
書かれているものになるんですが、

 
==========

勉強の結果は

地頭×戦略×時間×効率

で決まる

========

ということです。

 
これらの数値が1なら

1×1×1×1=1
の結果しか出ません。

 
ですが、これらの数値を一つずつ2にすれば

2×2×2×2=16
と単純に16倍の結果を出すことが
出来るというわけです。

 

単純に1つ1つを2倍にして
全体の結果を16倍にしよう!
っていうのはたしかに面白いですが、
ちょっと飛躍した話かなと笑

 

ですが、
勉強の結果がこの4つの要素に 左右されてしまう、ということは自体は
正しいなと思います。

 
いくら時間をかけまくっていても
効率や戦略が0.1なら、いい結果は出ない。

 
たとえ地頭がよかったとしても
勉強時間が0ならば、結果は出ません。

 

地頭がよく、効率よくそれも長時間
勉強していたとしても
戦略がむちゃくちゃでは、 自分の思う成果は出せません。

 
戦略がむちゃくちゃ、とは

極端な話
センター試験を受けるにも関わらず
センター対策をまったくしない勉強戦略で
勉強を行っている状態のことです。

 


今の段階で、A判定が取れていないのであれば

まずは絶望しましょう。

 

残念だけど、自分は

「皆より頑張らねばならないんだ」

と。

 

志望が高ければ高いほど、
そういう現実に突き当たります。

 
ですが、それを認めないことには

勉強時間を増やそうとか
戦略を立てようとか

 
思えないですよね。

 
東大とハーバードにダブル合格しちゃう人だってちゃんと、
「戦略」を大切にしているわけです。

 
ならばちゃんと真似しようよ
ってことです(笑)

 

逆に言えば、
この4つの要素をうまく
伸ばしていくことで、勉強は結果が出ます。

 
本当は、この4つの要素にプラスして

 
「心」の要素も混ぜたいんですが、
それはまた今度話しましょう。

 

まず、勉強法の大前提として

これらの2つのカテゴリページを
読み漁ってみてください。

 
数学の勉強法
http://sinphony.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303809098-1

 
受験勉強効率化基礎のまとめ
http://sinphony.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303764789-1

 

これらは僕が大学受験が終わって
すぐに書いたものなので、大分古いですが

どの教科の勉強にも当てはまる
勉強法であり、勉強戦略です。

 
数学の勉強法の部分は、
受験勉強効率化の基礎
で書かれている内容を

「参考書学習をするとしたらどういう風に
活用するか」をさらに
具体的に書いている内容になっています。

 
だから数学が必要ない人も
読んだらきっとタメになるはずです。

 
是非、サクッと読んで

勉強法と勉強戦略を整え

 
効率と戦略の部分の数値をまずは
2倍にも3倍にもあげちゃって下さい。

 
「勉強時間」の部分は
あなたの努力次第ですし、

 
「地頭」は、勉強すればするほど
上がっていきます。

(知識がドンドン身についてきて
知識の集合体と知識の引き出しが
より強化されていくからです。)

 
まずは、戦略を整えちゃいましょう。

センター古文で8割取るための勉強法!5つのステップ [国語の勉強法]

おはようございます

sinです。

今日は古文の対策方法について話しましょう。


古文は、はっきり言って
僕が一番キライな科目でした。


英語みたいに

単語を覚えたり、文法を覚えたり
しないといけないし、

選択肢はかなりややこしいし、

短歌とかも面倒くさい。


出来たら理系の2次試験にある科目を
ずっとやっていたい。


でも、理系だと
センターの国語の配点は
結構重視されるから、やらねばならない。



大嫌いだけど、対策しなきゃいけない。


ぐぬ・・・


って感じ。


そんな僕に最近

「古文の模試の点数が落ちてしまって
ヤバイです。どうしたらいいですか?」

という質問のメールが来ました。


基本的に、古文の勉強は

英語の勉強と同じと思って下さい。


覚えるものの数は、英語よりも
遥かに少ないですが、根本は同じです。


0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。



基本的な流れはこんな感じです。


まず最初に、分かんなくていいから
過去問を見て、時間を決めて解いてみるのが
とっても重要。


その経験が「何をどう対策すればいいのか?」
の問題意識を自分の体に教えてくれます。


過去問は、知識を身に付けてから
って言う人いますけど、逆です。


過去問を解いてみて、解けないから
知識を身につけるのです。




単語の暗記法は僕のYoutubeに
乗ってる「英単語の覚え方」の動画を
見ればなんとなく分かってもらえるはずですし

暗記物は究極あれでやればいいと思います。


参考書は、もう1つの動画の
1ページサイクルの方法などを使って
さくさく終わらせてみてください。


教材は、ブログの検索で
古文のオススメ教材リストなんかも
載せているんで、その中から
自分に合いそうなものを選んでみること。


塾に行ってるなら
その教材を極めてもいいですし、


とにかく



0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。

を順々にこなしていく。


ただ、
0〜4を個別でこなしていくのではなく
あくまでも、大体の順番がこんな感じで、

同時進行でやっていけばいいです。


例えば、0やりながら
わからなかった単語は覚えればいいし

単語を覚えつつ、文を読む練習もしたらいいし

極端に0!1!2!

みたいにやらなくていいんで。



点数を取るためにできることを
一つ一つ押さえていけば、
ちゃんと点数を取れるようになるはずです。



大学受験はやるべきことは
マジで大体決まってるんで、

あとは「やるだけ」です。



スタートダッシュを決め続けるだけ。


ただ、それだけです。



もう一度まとめると
古文の勉強法は

0,過去問や模試を何度か問いてみて撃沈する

1,単語、文法を覚える

2,文を読むことに慣れつつ、
  問題に解くことにも慣れていく

3,短歌や、背景知識などの
  特殊な知識も叩き込んでいく

4,過去問や模試を解き、解くことに慣れ
  同時に知識も覚えていく。


という感じ。

0番、大切です。


さ、今日も元気に
やってきましょう!


それでは。


sin


勉強しなさいと言われてやる気がなくなる時の対処法

おはようございます。

sinです。

今日もスタートダッシュを
決めていきましょう。


センター試験までのカウントダウンは
始まっています。


あ、高1生、高2生。


まだまだ時間があると思って
油断しちゃダメですよ。


勉強は、何時間やったか、ではなく

「どれだけ早く始めることができたか」

が後々のアドバンテージに
めちゃくちゃつながってくるわけですから。


その最たる例が、「幼児教育」ですよ。


バブーバブー言ってる頃から
勉強を叩き込んでおけば
脳が勉強脳になって、後々の学習能力を
高めることができるっていうアレです。


実際に、小さい頃に一生懸命やればやるほど
頭のなかに、潜在的に知識が残っていたり
するのです。


例えば、基本的な四則演算を
小さいころに訓練しておけば、
訓練していない人と比べて

暗算のスピードが桁違いにあがります。
(多分、2〜5倍くらいのスピードの差はあるんじゃないでしょうか)


だから、幼児教育は結構話題になるんですが、

そんな話は、あなたにとってどうでもいい。


だってもう、幼児じゃないから。


ママにおっぱいを飲まされる時代は
もう終わってるから。


高校生にもなれば、自分の手で飯を食えるし
洗濯だってできるし、掃除も着替えも出来る。


もうそろそろ
自分の人生の選択を、自分自身で
決めてもいい頃だよ。


自分の人生の責任を
自分でとっていい頃だよ。


だからさ、親や先生が勉強しろ!

って言う前に、
「いや?やってるし?」

って言ってるくらいのやつになってやろうぜ。


分かる。やる気になれないのは分かる。


でも、やる。

なんだよ。


でも、やる。


だから。


大学に入りたいのなら、
とりあえず、今すぐちょっとずつ
勉強を始めよう。


英単語帳を1冊覚えた経験があるか
ないかだけでも、まるで勉強していない
受験生と圧倒的な差を作ることができるから。



誰にも「勉強しなさい」なんて言わせるな。


俺たちは、自分自身の手で

「勉強すること」を選んでいるんだ。


俺たちは、自分自身の手で

人生を切り開いていくんだ。


さ、がんばろう。

たのしもう。


今日も一日。

不安への対処法 [マインドセット]

どうも、こんばんは。
sinです。
 
 
大学受験って、
本当に苦しい戦いだと思います。
 
 
自分も3年間経験してきて、
「楽しい楽しい!」と言ってる期間よりも
「苦しい」って言ってる期間が長かったですし
 
 
受験指導をしていても、
どうしても「苦しみとの戦い」
をしている子の方が多いです。
 

そんな感じで、僕は大学受験のことを
最近は「日本の闇」と言っているんですが笑
 
 
 

続きを読む


現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。