借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成

スマホでアホになる現代人 [成功する考え方]

どうも、sinです。

今日はマインドセットの話をしていきます。


このマインドセットがないと、精神的にきつくなっていくことが多いです。


=========
恐るべき、スマホ
=========

受験生をしていると、どうしても「誘惑」に負けてしまうことが多々あります。


昔もその「誘惑」は色々あったでしょうが、
今は「誘惑」の強さが半端じゃない。


iPhoneとかいうバケモンが出てしまったから。。。


いや、全てをiPhoneのせいにしてしまうのはよくないですが、
多くの受験生が、いや多くの目標を持つ人達がこの

「スマートフォン」によって行動を制限されています。


スマホがあれば、ネットはいつでも見れるし、

LINEがあればいつでも友達と連絡はとれるし、
複数人との会話もできるし、
通話だってできる。



TwitterとかFacebookも使いやすいから
いつまでだって触ってられるし、
友達の動向が気になってついつい見てしまう。


ウェブ上のストアにいけば、いつでも無料アプリが大量にあって、楽しく遊ぶことができる。


こーんなハードル低いものがそばにあれば、
当然人間はそこに手を伸ばしてしまいがちってことです。


どうですか。


変にスマホ触って遊んじゃったり、
やっててもあまり自分の成長につながらないのに
いつまでもSNSを眺めてる時とか、


ないですか?



=============
smartになれないphone
=============




「スマート(Smart)」は「賢い、利口」という意味で、

多くの機能を持ち合わせた賢い携帯
ということで、スマートフォンと呼ばれるようになりました。


しかし、こいつが賢すぎるせいで、
多くの人が思考停止になるというなんとも皮肉な現実があります。



僕も高校3年生の時に、Twitterにはまっていた時期がありました。


あの時はiPhone 3GSを手に入れたばかりで、
とりあえずやっておこうと何気なく始めたのですが、

そこからの1年、使いに使いました。


ワールドカップのあった年で、サッカーの実況をTwitterでしていたことを覚えています。


その時のツイート数は1日で100件とかとか。



多い人は1日に300件とかいきます。

そういう人はあまりに呟く回数が多すぎるため、
運営に規制されます。


しかし、それでもなお、つぶやきたいものだから、
規制アカウント、通称「規制垢」なるものを持っており、
規制されたらそちらのアカウントでつぶやき始めるという
素晴らしい中毒症状を見せています。




・・・


僕も規制垢ありました。()





それくらい、中毒性があるものですが、


あなたはどうですか?


中毒になってないですか?




「そんなにつぶやいてないよー」


という人、

結構いるんですが、



そういう人に限って
友達のツイートをめちゃくちゃ見てたり、、、


通称ROM専(ROMは(Read Only Member)読んでるだけの人)の人もわりといるみたいです。



結論から言いますが、

受験生にSNSは必要ありません。


合格クエストでLINEやツイキャスやTwitterをガッツリ使ってる僕が言うのもなんですが、


友達のツイートを見たり、
有名人のツイートを見たりするのは
受験生に必要ありません。


ゲームも、SNSも基本的にはいらない。


自分のやるべきことを集中してやっていれば、
そっちのけになってくるはずです。


なんとか、受験に必要なことで1日のスケジュールを埋めていきたい。

それがやはり「効率がいい」ですから。


効率を求めてメルマガに登録したのであれば、
何か「楽なことを捨てる」という覚悟も必要です。


頑張りましょうね。

Twitterに入り浸りだった僕も
今では全然なので。


今、勉強以外に中毒になっていて、
それが成長につながらないと思うのなら、
その中毒から開放されましょう。


ファイトです!



ではでは。


=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在602名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

参考書をマンガみたいにする勉強法! [受験勉強を楽しいゲームにする方法]

こんにちは、sinです。

今日は久々に勉強法の話をしましょう。

最近は、勉強法よりも、その前の話

ーマインドや計画などー

が多かったので、
読んだらすぐ使えるテクニックを教えます。


=========
わかったことメモ
=========

僕が受験生の時、なかなか治らなかった悪い癖がありました。

「同じところが何度もわからなくなる」ということです。


一度参考書で、頑張って理解したはずなのに、
しばらく時期をおいてしまうと、
その部分がまたわからなくなってしまっている、というものです。


英文解釈における前置詞の意味や、
複雑な数学の問題など

どちらかというと、よく考えなければ解けない問題に多くありました。


参考書でこういうミスを何度か重ねて、

僕は参考書にメモをするようになりました。


「わかったことメモ」です。


自分の理解した思考の流れを
参考書の空白部分に記していきます。


そうすることで、
理解したことを忘れてしまうほど時間が開いてしまったとしても、
そのメモを見れば、再び理解できるということです。


一度理解できたんだから、
もう一回頑張って考えれば、また理解できるはずなのですが、


そうやってメモしておくことで、
「頑張って考える」の作業を省くことができます。


復習するとき、再度理解するのが早くなり、
勉強のスピードが加速します。


=============
漫画の吹き出しのように書く
=============


ここで、一点だけポイントが。


メモをするときに、ただメモをするのではなく、

漫画の吹き出しのようにメモすることです。


漫画の登場人物が何かセリフを言う際に、


(`・ω・´)<俺はやってやる

みたいに、その人物が言ったとわかるよう、

セリフの端っこの部分がとんがっていますよね。



あれをそっくり真似するのです。


例えば、数学の問題で、場合分けがあったとすれば、

「なぜその場合分けをするのか」について、
解説に一つ一つ吹き出しコメントを書いておくのです。


そうすると、次に復習で場合分けのポイントが解説を読む時
場合分けをする理由を一発で理解できます。


自分のセリフを参考書に加えて
オリジナルの参考書を作りましょう!


僕のお気に入りの勉強法です。

この勉強法、今でも色んなところで使っているので、
あなたも是非使ってみてくださいね!

ではでは





=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在589名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

OKはNGから始まった!? [成功する考え方]

こんばんは、sinです。

僕も日常的によく使う言葉に「おっけー」というものがあります。

おっけーはもともとO.K.という外国語から取られているものですが、
あなたはその由来を知っていますか?


O.K.の由来はAll Correctからです。


アメリカの大統領にジャクソンという人物がいます。


彼は、ほとんど教育を受けず、文字を書くことを苦手としていました。

・・・そういえば、日本の総理大臣でも漢字を書けなかったことで
めちゃくちゃ叩かれてた人がいましたね。


それはおいといて・・・


ジャクソン大統領は、何かの書類を見て、それが全て正しいと記す時に
All Correct と書こうとしました。

しかし、そのスペルがわからず彼はOl korektと書いてしまったのです。


そしてジャクソン氏はなんと、これを略してOKと記したというのです。


===============
OKはNG(誤り)から生まれた
===============

あの超大国、アメリカ合衆国。

その一国のリーダーがこんな誤用をしてしまうのです。



しかし、それが今では「正しい」を表す語になっていますよね。


All Correctは意味を調べればわかると思いますが、「全て正しい」という意味になります。

まさか、全て正しいという意味を表す言葉が、ある一人の間違いから生まれた
なんて皮肉なものだと思いませんか。


このことからもわかるように、言葉というものは実に曖昧で
その時々で変化していくものなのです。


今では笑いを表現する言葉に

「www(わらわらわら)」



「ワロタ」

という言葉がありますが、


これだって、日本語の文法的には明らかな間違いですよね。


でも、それが今は日常的に使われている。


言葉の世界では変化が当たり前なのです。


===========
変化と間違いに慣れる
===========


となると、僕らの世界では何が正解で何が不正解なのかということはわからなくなります。


だって、大統領のあんな間違いが、今では世界的に使われちゃってる。

アメリカの間違いが、日本でも「おっけー!」と使われちゃってる。



言い方を変えれば、

「あなたの1つの間違いが世界に広がる可能性だってある」

ということです。


僕ら日本人は極度に間違うことを嫌います。


それは、テストで点数を取ることが美徳だとしてきた、
日本の教育が生んだ産物です。


学校にいるときは常に「正解」を求めることが評価されますが、

一度外の世界にいくと、「正解」なんてものは自分で作っていかなければならない
という世界が待っています。

(だから、「勉強だけできても仕方ない」なんて言われることがあるわけです)

でも、この例からわかるように
「間違ってもいい」のです。

間違ったからと言ってなんだと。


それが、誰かの役に立つかもしれないじゃないか。

自分の成長の糧になるじゃないか。


そうやって間違いを許したときに、
人はドンドン学びを得ていくことができるのです。




だからこそ、このジャクソン大統領のようにドンドン間違っていってください。

ただ、あなたは間違えるだけでなく
そこから何かの「学び」を得て下さい。


学びから得られる、変化にこそ価値があるんですから。





おっけーですか?www






ではでは。






=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在578名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ランプの魔人は言いました [成功する考え方]

「なんでも好きな願いを1つ叶えてあげましょう」と。

ある男は言いました。

「志望校に合格させれてくれ!」と。

ランプの魔人は、深く頷き、

「わかりました。あなたを第一志望に合格させてさしあげましょう。」

と言い、指から光線を男に向けて放ちました。



・・・


1年後、合格発表の時。

なんだかわからないけど、番号があった!
試験は全然できなかったのに、あった!


やったー!念願の志望校に合格したぞー!


ある男は、ランプの魔人によって自分の願いを叶え、志望校に通う権利を得たのでした。


しかし、その先は?



確かな学力がつかないまま、大学に入ってしまったため、
大学の授業についていけなくなってきました。

「この範囲は高校でもよくやったと思うから、省略しますね。」

数学の授業では、高校の頃、チラッとやった微分積分とその応用を
あり得ないスピードで進めていく。


英語の授業では、まさかの授業が全部英語。

何も聞き取れないまま90分が過ぎていく。


大学の授業がわからないまま、数ヶ月が経ち、まったく大学生活が面白くなくなってくる。

自分の第一志望に入ったはずなのに、楽しくない。



「こんなはずじゃ・・・」


その男はポツリとそうつぶやくと、ポンとそこにランプが現れました。


男はそのランプをこすり、再びランプの魔人を出しました。


「なんでも好きな願いを1つ叶えてあげましょう」


男はこうお願いしました。


「1年前、お前にお願いをした頃の俺に戻してくれ!

ちゃんと勉強して、努力して自分の志望校に入りたいんだ!」


「いいでしょう。では、1年前へ。」


そう言って、1年前と同じように、指から光線を男に向けて放ちました。




それから、男は人が変わったように勉強をし始めました。


時には、わからない壁にぶつかり何度も苦しみ、

時には、大量の暗記事項をなかなか身につけることができず、
テストでは思うように点が取れない。


それでも男は頑張った。

本気で頑張った。



その春・・・

やったー!念願の志望校に合格したぞー!

こうして、志望校合格を果たした男は、
楽しいキャンパスライフを送ることとなりました。



============
何事にも近道なんてない
============

ランプの魔人の話は今朝、
iPhoneをポチポチいじってる時にふと思いついたもので、

「ランプの魔人に合格をお願いしたらどうなるのかな?」ってことを考えて書いてみました。


多くの人は「楽な道」を求めますが、
そんなものは決してなくて、

効率的かつ効果的な道を素早く駆け抜けていくしか、方法はないんだぞと。


仮に究極的に楽な道があったとして、それを通ったとしても
必ずどこかでつけが回ってくる。


だからこそ、今頑張ると。


辛い。でも、やる。

苦しい。でも、やる。


なんですよ。


だからランプの魔人がいたらこう頼んで下さい。

「私に諦めない心をください」

と。



でも、その諦めない心はもうあなたの心の中にあるはずですから。

あとはそれを引き出すだけです。


4月は始まったばかりです。
でもすぐ終わる!

なら、今から「でも、やる」精神を持って
ガンガン勉強していきましょう!


おわり。





==============
人生を効率的に楽しむ勉強法
==============

この春から「人生を効率的に楽しむ勉強法」という
メルマガを発行しようと思っています。


こちらのメルマガでは大学受験の勉強法とは一歩離れて
人生全体を通した勉強法について話そうと思います。


僕が日常で経験したことを


成長にどうつなげるかということを


いろんな観点からお話します。


大学生用の企画もこちらで告知いたしますので
大学に入っても、僕とつながっておきたい方は
こちらから登録しておいてください!


無料メルマガ「人生を効率的に楽しむ勉強法」の登録はこちら
http://bit.ly/1f0wU7O


大学生用の新しい企画をまもなく始めます。

この企画に入れば、
大学に入ってからどのように過ごすのが、今後の人生のためになるかがわかるでしょう。


その告知はこの「Sinphony通信」の方ではしませんので、
興味があるなら、「人生を効率的に楽しむ勉強法」に登録しておいてください。


僕がこのように大量に文章を書けるようになったエピソードもお話するので
楽しみにしていて下さい。



それでは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

受験生が早起きするためのたった2つのコツとは? [生活習慣]




こんばんは、sinです。


今日は生徒さんから質問メールがあったので、紹介します。

==========

お久しぶりです!
覚えていないかも知れませんが過去にメールで会話をした◯◯と申すものです!

最近、部活の顧問が変わってより一層忙しくなっています。
そこで、時間を有効に使いたいので早起きをしたいのですが、これが中々難しいもので…

早起きするコツなどあったら教えていただけると幸いです!

それではお返事、お待ちしています!

==========

早起きするコツは2つです。


まず1つは「早起きする目的を明確にすること」


よく例えに出すのがディズニーランド。
ディズニーランドに行く前日は必ず早起きしますよね。


その状況を自分で作り出せれば、
自然と早起きできるようになります。


数学のこの問題集を解くために俺は早く起きるんだとか、
前日の英単語の復習をやるために、早く起きるんだとか、



まず目的を決めましょう。


多くの人はこの「目的」を定めずに、
「早起きして勉強することはいいことだからとりあえず、起きておこう」

みたいな意識を持って、早起きをしようとしているように思います。



そんなことでは、ベッドでゴロゴロしてしまうに決まっています。


とにかく目的を明確にすることから始まります。


もう1つは「前日の夜、早く寝ること」



早く起きたとしても、目がしょぼしょぼで、
疲れが全然とれていない中で起きても仕方ありません。

まずは前の日に、一生懸命頑張って、疲れを貯めて、

その疲れを回復させるべく、さっさと布団に入り寝ること。


これが早起きの前提です。



だから前日ちゃんと疲れないといけません。



疲れる方法は、簡単。



とにかく一生懸命生きること。


一生懸命勉強し、

一生懸命運動し、

一生懸命ご飯を食べ、

一生懸命休む。



これができた1日は幸せにぐっすり眠れるはずです。

以上2点。

「目的を明確にする」
「前日早く寝る」

これができれば、ちゃんと早起きできるようになるはずです。

頑張りましょう!



=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在537名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

歴史を残すことは我々の使命だ(大嘘←嘘) [成功する考え方]


こんばんは、sinです。

時の流れは早いですね。
去年の3月13日にブログを解説してから1年経ちました。

いや1年と2週間か。


はっや!


・・・僕はメルマガの書き出しに結構この時の流れについて書きますが、
本当に1年間なんて一瞬です。


僕は1年前の事を今でも色々と覚えてます。


あんなことやこんなことがあったことを・・・


1年前の自分と今の自分を比べて何が違うか。


一番違うことは、
僕の打った文字の数です。


これまでブログ、メルマガ、LINEサポートのメッセージ、企画の紹介文

などなど、色々文章を書いてきましたが、

少なく見積もっても100万文字は超えてます。



あ、エイプリルフールだから「嘘でしたー」とかじゃないですよ(笑)



まぁこのブログの記事数と、それに伴う文字の数を見たらわかります。


記事の数が160で1つ当たり大体1000字は超えてるでしょうから、
ブログだけで大体20万字くらいはありますね。



Evernoteに僕の記事は入っているのですが、


ノートの数が960個とかになってました(笑)



Evernoteを使い出したのは、去年の8月くらいからなので、
本当はもうちょっとたくさんあります。


僕が文章を書くことにそこまでこだわった理由があります。


歴史を残すためです。


受験を終えたものとして、
僕は誰かに何かを伝えなければいけないと感じました。


受験では、毎年毎年何人もの合格者が生まれます。


けれども、受験生の悩みがまったく消えないのは
その「合格者」の働きが弱いから、だと思ったのです。


人は歴史から学び、学習し、より成功に早く近づきます。


だから、毎年、合格した先輩達が「歴史」を残しておけば、後輩の受験生は
悩みを解決するスピードがもっと早くなるはずなのです。


でも、そんなことにはなっていなかった。


ならば、自分がやるしかないだろう。
悩み多き自分が、その悩みを解決した歴史を話さねば。


そんな義務感に駆られてただひたすらいろんな事を伝えました。


もちろん、細かい理由はたくさんあるのですが、

そうやって、「歴史を残していくこと」こそ、
人間の使命だと僕は思っています。




ま、今日の話は全部ウソですけどね。



↑っていう発言もウソですけどね。



じゃぁ今から今日の本題に入ります。
















っていうのも嘘ですけどね。


夜遅くに失礼いたしました。

これからも勉強頑張っていきましょう!!!←これは嘘じゃない




=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在537名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。