借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成

英語を速読できるようになる勉強法 [英語の勉強法]



002.jpg

おはようございます、sinです。


コメントに良い質問があったので
Q&Aという形で記事にしたいと思います。

--------------------------------------------------------------

はじめてコメントを書かせて頂きます

自分は浪人生で、
英語に苦手意識がありsinさんのおっしゃるようにきちんと読めるように6月末頃から問題集で全文訳を行ってきたのですが、
それでも速読の練習も少なからず必要だと思っています。

今はまだ精読を続けるつもりですが、
速読の練習へ切り替えるタイミングがつかめてませんし、予測もできていません…
(´・ω・`)

何かアドバイスを頂ければ幸いです!
ちなみにですが現在は旺文社の基礎英文問講で全訳を行っています
まだ半分ですが次の教材も未定です…

更新楽しみにしてます!
by はる (2013-08-21 21:55)

----------------------------------------------------------------

コメントありがとうございます。
苦手な英語に真っ向から取り組む態度。素晴らしいですね。



そもそも速読の練習とは一体何でしょうか?
英語をただ単に左から右にスラーっと流し読みしていくことでしょうか?
音読をすることでしょうか?

僕の中の速読の練習の定義は・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:学校

「英文読解入門基本はここだ!」が良い理由とは? [英語の勉強法]

51EPNYJM71L._SS500_.jpg

こんにちは、sinです。

以前の記事で英語でも最も重要視すべきなのは
英文解釈である!というお話をしました。

英単語、英熟語、英文法・・・
などなど英語には勉強すべき項目がたくさんありますが
英文解釈ができなければどの項目もほとんど意味のない
ものになってしまいます。


というのにはわけがあります。
センター試験も、二次試験も、やはり長文や解釈和訳問題が多いです。
英単語や英文法を単体で暗記しているだけでは
多くの得点を叩き出すことはできないわけです。


さて、じゃぁ英文解釈力というのは
どのようにして上げていくのか。


英文解釈力とは、ひとえに
「読むための文法力」
であります。

アップグレード、ネクステージ、スクランブルなどの
4択の文法問題がたくさん並んだ問題集をやること
こそが「英文法の勉強だ」
と思っている人が多くいます。


4択問題を解きながら文法を覚えていくのは
良いでしょう。
しかし、長文問題に太刀打ちできる力がそれだけで
つくとは思えません。というより、つきません。


じっくり読む精読、そして多読、速読。

この順番で勉強していくことで
初めて長文を速読できるようになります。


第一段階の精読をしっかり勉強しなければ
多読があまり生きてきません。


勉強の順番のイメージとして


1,文の構造と文法(基本システム)を学ぶ
2,それらを使っている文を多く読む。
3,知識が定着しているかどうか確認するために復習する。
4,また多読する。
5,読むスピードを上げていく(音読)。


これを持っておいてください。

ただがむしゃらに多読したり、
英文法の問題集を解きまくったり
英単語を覚えまくったり

するのが正解じゃないということを頭に入れてください。


では1番の文の構造、文法を学べる参考書は
どこにあるのか?という話になりますね。


レベルを大きく3つに分けましょう。

まずレベル1。

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版


「英文を読めるようになるのに必要なことは、その基本システムを理解すること
さらにその理解に基づいてその言語に慣れ
基本システムを使うこなせるようになること、の療法が必要になるのです。
理解もせず量をこなそうとするやり方では、英語が使えるようになるまで
莫大な時間がかかることになってしまいます。
本書では、まず英文の基本システムを理解するために、
中学や高校の教科書レベルの短い英文の構造を基本から説明することから 
始めています。」

表紙の紹介文にかかれているように
基礎の基礎から解説してくれています。

しかしこの基礎の基礎ができている受験生が全国にどれくらい
いるのでしょうか。

そりゃ基礎くらいわかるよ!

という人は多いでしょうが
では、この参考書に書いてあることは全部完璧に解説できますか?
と聞かれたどうでしょう・・・

この参考書はそんなに分厚いものではありません。

しかし内容はとーっても濃いです。
授業のような書き口調で書いてくれているのでスラスラ読めます。

とっとと1周してしまって
短期間で7周できてしまう最初の教材としておすすめです。


この短期間で7周できることは超超重要なポイントです。

ロイヤル英文法、Forest
などの英文法を基礎から丁寧に解説してくれる有名な参考書がありますが
あれは自分で学習を進めていく教材としてはあまりよくありません。

授業か何かの予習をしたり、補助的に活用する。
つまり「調べ物をする」辞書的な役割で用いるならば
便利ですね。

しかし、あれらの教材を何周もして
頭のなかに入れていくという勉強は非効率的です。


短期間で何周もすることで、頭のなかに知識が高速で
刻み込まれていくのに
あれだけ厚いと1周している間にどんどん抜けていっちゃうんですね。
(そういう分厚い参考書をマスターする方法もあるのですが
今回はそれを無視します)

英語のレベルを根本から上げるには
時間をかけることもさながら、成長のスピードも大切です。
受験には期限がありますから。


基礎を一気に固め、脳に焼き付けることで
今後の成長スピードを二次曲線的に加速させていきましょう。

そのための加速剤としても
この英文読解入門基本はここだ!は有用です。


⇒英文読解入門基本はここだ!はこちら。

次にレベル2

といきたいところですが、記事がまた長くなりすぎてしまうので
次の記事で書きます。


それでは!

=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在826名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

英語で最も重要視すべきなのは間違いなく英文解釈 [英語の勉強法]

51EPNYJM71L._SS500_.jpg


英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版


こんばんは、sinです。


今日は英語の勉強法についてお話しましょう。


英語の成績は短期的に上がるものではありません。
なぜ短期的に上がらないのかというと
英語は総合的な学問だからです。


社会や理科の一部は覚えたら解ける問題が
多いことに対して英語は暗記だけではどうにも
ならない部分があります。


まず英語は言語であるということを頭に
入れて欲しいのです。


これまであなたは日本で10年と数年間
暮らしてきました。


そうすることで世界的にも難しいと言われる
日本語を自在に操ることができるようになっています。


話す、聞く、書く、考える

すべて日本語で行っていますね。


ここには「慣れ」というものが存在します。

何年間も日本語に触れ続けることで
日本語の語順、文法、単語、発音などに自動的に慣れてきたのです。

特に、語順や文法に関しては慣れの部分が強いです。


このブログを読んでいる人なら
日本語を読むときに「これが主語でこれが述語で・・・」
と意識的に考えないと読めない人というのはほとんどいません。


学ばずして、その文構造に慣れてきているからです。



では英語はどうでしょうか?


中学で3年間、週に数回。
そして高校で○年間、週に数回。

これだけの授業回数で慣れることができるでしょうか?

おそらく到底無理ですよね。

無理です。


英語というのは継続的かつ、時間をかけて勉強しなければ
テストで点数をとることができません。

その理由は英語が言語であるからです。

しかし、逆に言うと言語であるがゆえに
慣れてしまえば誰でも得点できるということです。


日本人である以上、アメリカの現地人のように
常に英語にふれあい続けるのは環境的に不可能ですが

日本の大学受験のテストで点数をとるための慣れ方ならば
正しい勉強法を使えば「慣れる」ことができます。


慣れの第一段階として最も重要なものが

「英文解釈」です。


あなたが日本語の文章を見たとき、普段は意識していなくても
品詞分解をしてみて!と言われれば
「これが主語で、これが述語で、これが副詞で・・・」
と答えられるはずです。


英語でもまずこの状態を作り出す必要があります。

センター試験でも
二次試験でも

「速読!速読が大切!」と声を大にして言っていますが
それよりも前にやるべきはきちんとした品詞分解です。


これまで英語に慣れてこなかった者が
がむしゃらに英語を速く読もうとしてもそれは単なる推測読みに
すぎません。

簡単な問題ならそれで解決するかもしれませんが
正確さを求め、着実に学力を上げたいのであれば
英文解釈力は必須です。



英文解釈にもレベルがありますから、自分のレベルに合ったところから
取り組んでいきましょう。


=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在826名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

なぜ計画は立てても崩れてしまうのか [マインドセット]

おはようございます、sinです。


僕の家から見える空は今日もいい天気です。
カンカン照りですね。


太陽は自分が進む順路を前もって決めていますが
あなたはどうでしょう。


LINEサポートでは毎朝、計画を立ててもらって
提示してもらう形をとっています。


「当日の朝」あるいは「前日の夜」
にあなたがやることを決めておくのは
とても有効です。


計画を立てても崩れてしまうという人の
声も聞こえそうです。確かに。



では、なぜ計画が崩れてしまうのか。


「自分の理想と現実に差がついてしまっているから」

です。


計画を立てるとき、人はみな自分に期待します。

「この量を毎日できれば志望校合格できるな!」
「このレベルの問題集が解ければ行ける!」


現在の自分の能力を大きく越える計画を立てた時。
出だしは良いのです。良いのですが、途中から
萎えてくるのです。

できない問題が増えてきたり
時間通りに決めた量に間に合わなかったり

トラブルが発生します。
計画通りにいかなくなります。


それは現在の自分のレベルと
計画での自分のレベルがずれてしまっているからです。


勉強の習慣がない人に
今から1日12時間勉強しろ。と命じたとします。

これまで毎日学習をしていなかった人なんです。
毎日勉強をしよう!というだけでも
これまでと違うことに挑戦していく
壁を乗り越えなければならないのに
いきなり12時間となるとそりゃ、挫折します。


習慣化していない事をいきなりやらせると
体を拒否反応を起こします。

人間は本能的に現状維持を行います。
今のままでいいや、という状態を作ります。


その現状を打破していくにはやはり
ちょっとずつ歩み寄って変えていく必要があります。

一気に爆発的に変えていく方法もありますが
それには副作用があるので注意しましょう。


話を計画の話に戻ります。


一つ宿題を出しますね。
やるかやらないかは自由ですがこのキリのいい
土曜日にやっておくことをおすすめしますよ!


今から2週間。夏休みは続きますね。

これから14日間の間にどんなことができるのか
まずはリストアップしてください。


自分には何が足りないのか
自分は何が得意なのか。
この期間に何ができそうか。


ここは制限抜きで、すべてリストアップしてください。
英作文の勉強をしていないならそれもリストアップ。
社会も、理科も。全てです。

今度はそれらに優先順位をつけていきます。
あなたにとって今一番必要な力は何なのか。


そして、その中から上位3位をこの2週間で取り組んでいきましょう。
1位のものが重いなら1位のものだけでも構いません。

重要なのは、
「夏休みの最後の2週間で○○をやりきった!」
という実績を作ることです。

それが後々の自分の自信につながります。

僕はこの時期に英単語をグッとつめてやりました。


リストアップをして優先順位をつけ
やるべき事が決まったら、今度は
そのやるべき事を1日の計画に混ぜあわせていきます。


しかし、無尽蔵に計画を立ててはやはり失敗して
しまいます。


計画の立て方として有効なのは
「適当に立てること」
です。


適当~ です。



むちゃくちゃな計画を立てろと言っているのではありません。
自分がやるべき事が見える計画を立てよう
という話です。


初めてやる参考書、初めてやる問題集
なのにp10~50まで進めると決めても
自分がどれだけの時間かかるかわからないですよね。


あなたがやるべき大まかなことが見えたら
大体の計画を立てるのです。


こういう計画法を繰り返していくうちに
「現在の自分のレベル」が見えてきます。

自分のレベルが見えてきた時点で
どんどん具体的な計画を立てるように
すればよいのです。


よろしいでしょうか。



まとめます。


●「当日の朝」あるいは「前日の夜」に計画を立てる
●計画は適当に立てる
●現在の自分のレベルを確認し、徐々に具体的に
●やるべきことをリストアップする。
●優先順位をつける。



今日も1日勉強を楽しみましょう!

では!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「疲労感」は充実感 [マインドセット]

こんばんは、sinです。
1日お楽しみ様でした!


さて、今日も1日が終わります。
あなたは今日1日どんな過ごし方をしたでしょうか?


「はぁ~疲れた!」

と言えるでしょうか?


疲れ、というのは一見悪いものに聞こえますが
それは一日のうちに何かしら行動を起こしてきたから
生まれた賜物と言えるわけです。


あなたは今日疲れましたか?
疲れるほど、何かに熱中することが出来ましたか?


これこそ、まさに一日の充実度を決める尺度です。

ただし、プラスの方向とマイナスの方向の
2つに分岐します。


マイナスの方向とは
目標とまったく関係ない、かつ
自分が意としていないことに時間を費やし
その結果
心身ともに疲労してしまったというパターン。


リフレッシュするという目的の上で
目標とまったく関係ないことに時間を使う
ことは百歩譲って良いです。
必要な時間でしょう。


しかし、問題は自分が意としていない事に
時間を使ってしまうことです。


例えば
行きたくもないカラオケに誘われて
フリータイムで6時間もいることになったとか。


家族の行事で呼ばれてしまって
仕方なく一緒に出かけることになってしまったとか。


時間の使い方は自由に決められます。


友人関係や、家族関係で時間を取られてしまう
のはよくある話ですが、今年一年間は受験です。


人間関係をないがしろにするのは良くないですが
きちんと理由を話してある程度理解してもらおう
という姿勢を持っておきましょう。


もちろんそのときは感謝の気持ちを忘れずにです。


感謝の気持ちを持ちつつ断れば自然と
向こうも理解してくれます。


プラスのパターンをお話しましょう。


勉強に関しては後ほどお話します・
それ以外の話を先にしましょう。


目標に関係ない活動でも
自分が意としていれば良いというお話です。


毎日、勉強勉強ばかりで煮詰まってきている人
は多いと思います。


いろんな心配を抱えて、心の中がモヤモヤ
してくる人も受験の後半期に差し掛かってくると
多くなってきます。


そこで一日リフレッシュの日を設けることも
自分の精神を整えるための戦略と言えます。


僕は週に1日、1日に1時間の休みを
とるのが良いと考えています。


それはどの時期でも変わらずコンスタントに
できればよいでしょう。


受験勉強が楽しくて楽しくて仕方ない
という人は現状維持のまま突き抜けてください。

その人はここから先は
ちょっと飛ばして読みましょう(笑)


ただ、今ちょっと停滞気味でどうしたらいいのか
という人はこの方法をとってみてください。



「1日完全オフにして
好きなことに時間を使い続けてみる」




受験期に何を提案しているんだと思われるかも
しれませんが、よく考えてみてください。


勉強に集中できていない時間
何をやっているか思い返してください。


ネットサーフィンをしていたり、
テレビを見ていたり
読みたくもない漫画を読み返してしまったり
雑誌を開いたり
何かをつい食べていたり


・・・


その手軽にできてしまう楽しみに
ついつい邪魔されてしまってるんです。

そこで、「ついつい」ではなく
休みを必然にしてしまおうというわけです。


ここでも疲労感が大切です。

「くぅ~疲れましたw」

ぐらいのセリフが一日が終わった後に
出てくるぐらいが丁度いいのです(笑)


中途半端に休憩をとるのではなく
本気で休憩をとりにかかるのです。

これがコツです。


そして、最後に勉強についてです。

勉強に関しても同じですね。

たとえ1日10時間勉強しました!

といって、集中した時間だけをカウントしてみると
実質5時間しかできてない、ではやっぱりダメなんですね。

密度の濃い時間の使い方をして
一日が終わった時に

「疲れた!」
と堂々と胸を張って言えることが重要です。

そして、自分が一日何をやってきたのかが
言えたら完璧ですね。


昨日言ったこともふまえつつ
このマインドセットを持っておいてください。

何事にも全力で取り組んでいき
疲労感を大切にしよう。

これです。


明日は朝にメールしますよ!

ではではおやすみなさい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

夏は受験の天王山!? [マインドセット]


皆さんお久しぶりです。sinです。

長らく更新ができてなくて
申し訳ありませんでした。


もう少しだけこのブログの更新は続きます。


さて、8月もこれから終盤へとさしかかります。

予備校でも、高校でも「夏期講習」という時期ですね。

夏は受験の天王山と呼ばれるだけあって
まーいろんな人から「頑張れ」と声をかけられるんじゃ
ないでしょうか。


そんなことわかってるよと。
声を大にして言いたいですよね。


勉強しなければならないことなんて
大学受験をすると決めた時点で決まっているんです。


夏であろうが、冬であろうが関係ありません。

自分の目標を達成するためには何が必要で
何からこなしていけばよいのかを常に考えて
行動していく他ないわけです。


ですから、夏は受験の天王山ではありません。
受験生はいつでも勉強に本気であるべきです。


以上で今日の話は終わります。





・・・





と、キツイ言葉をかけてみましたが
今日伝えたいことはそんなことではありません。


もちろん上に書いたことも本心です。
夏であろうが、なんであろうが。

受験生は「本気になった時」が天王山です。


天王山とは勝負を決める大事な局面。
それを別に「夏」と決める必要はないですよね。


高校1,2年生の間にどれだけ積み重ねてこれたか。
3年生の前期にどれだけ貯金ができたか。


夏の1タームだけ決まるわけがないんですね。



ただ、一つ言えることは

夏には時間があります。



特に予備校生、現役生はこれまで毎日授業合った中で
それから開放される夏休みを手に入れることができます。


これまで授業でうまく勉強できていた人にとっては
自学自習の日々が続くのは物足りないかもしれませんが
受験勉強の本質はいつでも自学自習です。


もう既に模試を受けて、自分のできないポイントを
確認する機会もこれまでに合ったことでしょう。


その穴を埋める時間が必要なわけです。


そこで、この夏を利用しようと言うわけです。


夏の時間の使い方は大きく2つに分けられます。



1,苦手な分野に努力値をふる
2,得意な分野をさらに強化する


夏に必ずやっておくべきは間違いなく1です。



難関大学を目指せば目指すほど、苦手な分野があると
しんどくなります。


センター試験で8割をとらなければならないと
なった時に、大体の科目が8割とれている中
一つが6割とかだったらもう全体で8割とれなくなって
しまうわけですね。



これは非常にもったいない話ですよね。



大学ごとに傾斜配点がそれぞれ違うので
各自点数配分の戦略を立ててほしいのですが
苦手な科目・分野は明らかに足を引っ張ります。



それをこの残り2週間で全力で克服してください。
努力値をふってください。



2週間で何ができるんだと思われるかもしれませんが
なんでもできます。本当になんでもできます。


集中して勉強すれば、2週間で学力は大きく上昇します。


僕の体験例で言えば、1浪目のこの夏の最後の2週間は
システム英単語の暗記に努めました。


システム英単語を手に入れたのが夏休みに入ってから
だったんですね。友達から一冊譲り受けたのです。
「新しいの買ったから古いのあげようか?」
と言われてです笑


もっと早くに出会っていれば、となかなか後悔しましたが
もらった時期が夏で良かったとも感じています。




余裕がある受験生は2にも取り組んでください。
苦手な分野がひとつもないという受験生はいないと
思いますので、1と2を併用して勉強を進めてください。


得意な分野を伸ばすとはどういうことか。


これは上のレベルの問題集に取り組むというのも
一つですが、その前にやってほしいことがあります。

それは

「高速化と精度を上げる」

ということです。


このブログで何度も、高速学習についてお話しました。
問題を見て、ぱっと頭に答えが出てくるレベルまで
復習していくという勉強法です。


それをひたすら極めていこうという話です。


一度完成しきった問題集でそんな勉強に取り組んでも
しょうが無いんじゃないかと思われるかもしれませんが
全くそんなことはありません。


人間は、必ず忘れます。
間違いなく、忘れます。


どんなに勉強したことでも
どんなに一生懸命練習したことでも、いずれ記憶は
薄まっていき、忘れます。

人間の短所であり、最大の長所でもあります。


これに抗うことはできません。

なので、共存する必要があります。


忘れないためにはどうしたいいか
ではなく、忘れるんだから繰り返そうという発想です。


この1回で覚えきる!!!と気張るとしんどいわけです。
せっかく本気でやったのに、忘れてしまうわけですからね。


8月までに至るまでにしっかりと勉強してきた人なら
取り組んできた問題集、参考書があるはずです。


それらをもう一度、繰り返しまくってください。
繰り返しまくった後、驚くほどの効果が自分に訪れます。


これまで、うまく勉強できていなかった人も
繰り返しまくる、ということを意識しこれから
勉強に取り組んでいきましょう。



今からでも遅くありません。



天王山は自分が本気になった時です。


夏が終わろうとも、状況は変わりません。

この残り2週間、目一杯闘いぬきましょう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら