借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択

3ヶ月でセンター8割取れる人の正体 [最近思うこと]


周りはビビって、立ち止まってる。
俺達はビビりながらも、歩く。



どうも、sinです。

今日は号外Sinphony通信です。


============
センターまで残り◯◯日?
============



センターまで残り何日か知ってます?





・・・・・






152日です(中途半端!)


残り2日で150日です。(キリがいい!)


今回は、
この150日という日数でどれくらい勉強できるのか。

そして、ここから一気に伸びてくる受験生の特徴について
教えます。




結構シビアですよ。



現実を知ることになりますが、
それでもいいという人だけ
先を読み進めて下さい。


まず。

参考書って、大体マスターするのに1ヶ月から2ヶ月かかります。

1日1時間〜2時間かけて
1ヶ月〜2ヶ月です。


2週間でマスターできる薄い教材でも
復習する時間を込で考えないといけないので、大体3週間は見ておいたほうがいい。


つまり、これからマスターできる参考書の数は限られてきます。

1日10時間勉強し続けたとして

1日7つほどの参考書をやるとしましょう。

40日で完成するとすれば、
40日で7冊。

さらに40日で7冊。
さらに40日で7冊。


40×3で120日ですから、合計21冊マスターできます。

残り30日ありますが、この時間は
演習に使ったり、過去問対策をしたりするので、
参考書をマスターする時間には使えないと思ったほうがいいです。

つまり、これから約合計20冊の参考書しかマスターできないのです。


5教科7科目なら

1つの科目で大体3つくらいですかね。




・・・


といっても、これはかなりの理想論で、

半年で1科目3冊ってわりと大変です。


なんせ1日10時間ペースですから、
現役生は相当きつくなってきます。

授業中の内職も含めなければなりません。


何が言いたいのかというと、

「全力を尽くしてやったとしても、
多くのことはできない」

ということです。


150日。本当にちょっとしかない。


=========
諦めるのはまだ早い
=========


だからと言って僕は
「今年の受験は諦めろ」
なんてことは絶対に言いません。

150日もあれば、
劇的に成績を伸ばすことは間違いなくできます。

150日って短い短い言ってますが、時間としてはちゃんとあります。


成績の伸びは、一次関数的な伸びではなく
二次曲線的な成長をします。

y=xではなく
y=x^2のグラフです。


10時間やったから10時間分の成績が伸びるのではなく、
10時間の勉強を続けていたら、最初は変化を感じられなくても、

500時間勉強したあたりで、少しずつ変化し始め、
800時間勉強したあたりで、実感として変化を感じ始める。

こういうイメージです。
(※あくまでイメージです。数字に統計データは用いていません。)

つまり、今が大切。

今ならまだ、大きな成績の伸びが見込めまし。


自力で継続曲線を作っていける、
ギリギリの範囲なのです。


もちろん、12月からでも
点数を伸ばす勉強法は正直いくらでもあります。


ありますが、
そんなものは、y=logxみたいなもので、
一気に成長して、そこで成長が止まってしまう
グラフのようなもの。

例えば、一問一答的な理科や社会の問題ですね。

ただ、そこだけ伸ばしても受験で勝てることってあまりないです。

メインの数学や英語で得点できなければ
厳しいものとなるでしょう。


=================
3ヶ月でセンター8割取れる人の正体
=================


「すぐに伸びた」
という人には2パターンあって

1,これまでに成長曲線を描いてきた人
2,logxのような成長曲線を描ける科目


の2つです。

2番は、先程もいったように、
理科社会のように覚えれば点数がとれる
的な科目である話です。


(といっても、2週間で一気に8割に伸ばすのは
難しいので油断しちゃいけませんよ。)




よくある
「3ヶ月でセンター8割に!」
っていうような記事は

1番に該当します。


これまで、学校の宿題や試験勉強もそれなりにやっていて、
学校の授業もそれなりに聞いていた。


そんな人が受験勉強をすれば、
まぁ一気に伸びるよね。
って感じです。


勉強法を間違えさえしなければ、
グンと伸びます。


僕の去年の現役の生徒で、
1ヶ月でセンター英語が110点から
160点に伸びた女の子がいましたが、
彼女なんかはまさにそのパターン。


これまで授業を受けつつ勉強をしていたが、
勉強法を学び受験対策をすることで、
一気に点数が上がりました。


英語を短期間で伸ばすって
難しいですからね。



短期間で伸びる人の特徴として
センター試験の点数が、
受験勉強をしなくても
65%〜75%くらいあります。



こういう人は既に知識の点
が頭のなかにたっぷりあります。


試験対策をすることで、
その点と点が繋がり知識のネットワークが出来上がる。

知識のネットワークが出来ると、
試験で「どの知識を使えばいいのか」
が分かってくるので、解ける。


すなわち伸びるのです。


65%→75%
75%→85%


みたいな本番3ヶ月前で100点伸びみたいなことが、
現実として起こります。


これが3ヶ月でセンター8割取れる人の正体なのです。


イメージで言えば、
y=x^2のグラフでx=3辺にいるイメージ。


0<x<1のときはなかなか伸びてるように感じませんが、
x=3だともうグンって伸びますね。

3の努力で9の結果がでます。

だから短期間で伸びるのです。



では、そうでない場合。


つまり。



高校時代積み重ねをしなかった場合ですね。


知識の数が少ない。


圧倒的な勉強量が足りない。


こういうパターンの場合どうすればいいのでしょう?


ちなみに僕は、こっちの「積み重ねなしパターン」なので、
気持ちもわかるし、対策もわかります。



次回のSinphony通信では
「積み重ねて来なかった人間が一気に成長する方法」

「知識のネットワークの作り方
について教えます。


そして大きなお知らせがあるので、
見逃さないようにしてくださいね!




P.S.

昨日のメールには感想メールをいくつか頂きました!

感想のメールを頂けるとやはり僕もやる気が上がります。


たとえていうなら、街頭演説やってるおっちゃんに
「頑張れー!」って言った場合と
完全無視なパターン。


(いいコト言ってるなーためになるな)


と無言で通りすぎるのか


「いいコト言ってますね!ためになります!」


と一言声をかけるかだと
おっちゃんの気分は天と地の差です(笑)


スポーツの試合とかでも、
アウェイよりもホームの方が有利なのは
応援されているのが大きな理由なのは有名ですよね。


今後もよかったらよろしくお願いします!
(メールの返信は遅れていますが、
出来る限りやっていきます!)


感想質問はこちらのメールアドレスまで

sinphony01@gmail.com

ニックネーム(本名でも可)と
学年(年齢)による簡単な自己紹介があるといいですね。

それでは、
ありがとうございました!


=======================

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在813名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。
⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら


現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら