借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成

落ちこぼれ、ニート、ポケモン廃人、サボり、うp主 [受験サポーターsin]

こんばんは、sinです。

タイトル、何のことだろう?と思いましたか?

全部僕のことです。

高校生の時の僕の話です。



今日はちょっとだけ、僕の高校時代の話をしますね。






「僕はニートって呼ばれてました」








========
僕はニートでした
========


まず。

僕は超落ちこぼれでした。


321人中320位という順位を出して以降
その順位が変動することはなく、赤点ギリギリは当たり前。


それだけなら良かったんですが、
僕は超超超サボりぐせがありました。


学校に行ったフリをして、学校に行かずマンションの
階段で小説読んだり、ゲームしたりしてたんです。

完全に中二病。


あるときはバスに乗って、
そのバスなかで好きなゲームの曲のアレンジを作ってました。


完全に(以下略)




学校を休みすぎて、

「おい、sin。あと数学1日休んだら留年だぞ」

みたいなことをに先生に言われる始末。


1回だけじゃなくて何度も。


成績表は10段階で2ばっかり。

その多くには休み過ぎの赤丸マーク。


僕のテストの解答用紙は赤いバツ印ばかりなのに
通知表にはたくさんの赤い丸です。



なんという皮肉。



そうやって休みすぎてる僕の姿を見た友人は
最初は

「sin大丈夫か?」
「はよ学校来いよー!」と

心配してくれていましたが、


だんだんと呆れてきて

ついには僕のことを

「ニート」


と。

呼ぶようになったのです。



当然ですよね。

周りからしたら「なんで休んでんの?あいつ」ですから。


サボりぐせって一度つくと抜けれなくて、

わかんない授業受けに行くために学校に行くのが
死ぬほど嫌だったんです。苦痛でしかありませんでした。



でも休み続ける訳にはいかないから
いくしかない。


で、たまに学校に来ると


「あれ、学校きてるじゃん(笑)」


「なんでニートが学校に?(笑)」

とか言われるんですね。



最初は本当に嫌でした。


めちゃくちゃ屈辱的でしたし、

イライラってどころじゃなかった。


でも。




僕の中でいつしかそれが普通になって





だんだんイライラすることもなくなってきて、




「だって俺ニートだし(笑)」







と自分で言うようになっていました。







そうやって他人に馬鹿にされることが僕の高校生活の日常でした。


しんくんはダメな奴。


これが僕の高校の同学年内での常識です。




その休みグセは職員会議でも話題に持ちだされ、

他クラスの知らない子にも知られてました。


「なんかめちゃくちゃ休んでる人がいるらしい」


ってね。

なんでやねん。







でもですね。

別に悔しくともなんともなかったんです。


確かに、「うぜえな」と思うことはたくさんありましたが、
そうやって自分がピエロになって
友達を笑わせることを楽しんでいた面があったんです。

プライドもかけらもなかった。


テストの直前になったら


「一夜漬けでいけるやろwww

せーへんけどなwwww」



的なふざけた発言も。


周りの勉強を頑張っている子からしたら
相当「ウザいやつ」だったと思います。



それで笑いをとって、喜んでいたのです。

本当にただあざ笑われていただけかもしれないのに。



=============
僕の趣味は音楽制作とゲーム
=============




そんな一般的にクソ扱いされてた僕ですが、
僕は僕でやりたいことをやっていました。


勉強はできないけど、
それぞれの時期にはまっていたことはあります。

高校1年生の時は音楽を作っていました。

作曲とかではなく、自分の好きなゲームの曲のアレンジを作るんです。


音楽を使って動画を作り、

それをインターネット上にアップしたら再生数が予想以上に上がって、

で、投稿をお知らせするブログを作ったら

そのブログのアクセス数も伸びて。


で、動画投稿のお知らせ以外の

日記

なども
たくさん書いていった結果
記事の数は2年間で700記事。

高校生ブログランキングでも1位になり
ブログを閉じた時の最終的な総合アクセス数は20万を超えていました。



高校2年生のときはネトゲやポケモンにどっぷり。


ネット上でチームの銃撃戦をするゲームにハマり
夏休みは1日中バーチャル世界に入り浸る生活です。

友達とスカイプ通話なんかつないで

「おい、逆行った!裏回れ!」

「オッケー!・・・あ、きた(バン!) (head shot!!!)」

みたいなね。

擬似無線です。
中二(以下略)
(やっちゃダメですよ。受験終わるまで。)



10月に発売されたポケモンの金銀バージョンのリメイクは
「厳選」という遊び方を覚えてしまい気がつけば
プレイ時間が300時間を超えていました。







好きなことをするときだけは全力でした。




いつも全力です。







でも高校ではのクソヤロウ最上級。



キングオブクソ。


キングオブニートです。








体育がある日は休む。だるいから。

嫌いな授業はずっと寝る。理解できないから。


英語の授業では、出席番号がかかれたクジを先生が引き
ランダムに当ててくる。


当てられた時の答えを知るために、
授業中はひたすら教科書を読んで答え探し。


授業なんか聞いちゃいない。っていうか聞けない。


テスト前になったらインターネットで

「教科書 日本語訳」

を調べて、ストーリーを全部覚えてなんとか赤点を凌ぐ。


夏休みの数学の答えは全部ノートにうつして、
適度に赤ペンを使って書いて、あたかも自分で解いた風にして
堂々と提出する。


勉強はできない。
クソニート。
落ちこぼれ。
不登校
偏差値29。
赤点ギリギリ。
サボり。
ヘタレ。





=========
受験サポーターsin
=========








どうです。







これが僕です。







こんな僕が、今じゃ








受験サポーターsinですよ?











学校一のサボりの落ちこぼれがです。

笑っちゃいますよね?

笑ってくれて構いません。





なんでこんな活動をするに至ったか。







その理由はただひとつ。










僕は受験で失敗したからです。










そして、なんとか形にしたから。












少なくとも人に何かを伝えることはできるようになったから。










ただ



それだけです。










高校3年生の3月。






自分と同じレベルだと思っていた友達が




現役で受かっていった。







僕は浪人をしなければならなかった。








あの時の悔しさは忘れません。





一生忘れない。


合格発表が終わって、落ちたことがわかってからの

神大に受かった二人と僕とで食べたスパゲッティの味。



一生忘れません。



続く。

前回の続きです。





ジョリーパスタっていう店で




神戸大学の工学部に合格した二人と




宇都宮大学の工学部に落ちた僕




この3人で食べたスパゲッティのまずかったことは忘れない。






二人とも僕と同じで、よく学校をサボったり遅刻したりするやつで、





僕は勝手に同類だと思っていました。



でも彼らは僕のはるか先のレベルにいたんです。







センターで一人は8割5分とり、




もう一人も7割5分でしたが
国語が得意だったので、傾斜配点に直すと
8割を超えていました。










同じと思っていた奴らが先に行ってしまう感覚。


劣等感。

悔しさ。

苦しみ。





高校3年間、勉強ができなくて
悔しいと感じたことは1度もなかったのに、




この時だけは


めちゃくちゃ悔しかった!!!!





死 ぬ ほ ど 悔 し か っ た ! ! 




「まあ受かるよね」

「しんくんも1年やればいけるよ」




そんな普通の言葉にすら憎しみを感じた!!!



くっそ・・・





くそおおお ! ! !






これが高校3年生。

高校を卒業した時の僕です。



しかし僕のクソ具合はその後も続きます。




その悔しさを感じたあとの春休み。

僕はモンスターハンター3rdにはまります。





どうですこのクソ具合。







僕はここでも無駄な集中力を発揮します。


予備校に入る前に全クリしないと、ダメだ!
という謎の義務感に駆られ、



やり始めて3週間、プレイ時間160時間ほどで
すべての要素をコンプリートしました。



義務を果たし(?)始まった予備校生活。





そろそろ飽きてきましたか?




この辺で多分50%くらいの人はページを閉じて

読むのをやめてるでしょうね。

残りの50%の人はもうしばし、
過去の僕がちょっとばかし変わるまでお付き合いください。




ここでは僕をニートと呼ぶ人は一人もいない。
新しい空間。




そこで、僕は何をしたか。






遊び友達を大量に作り、



男8人くらいで一緒にプリクラをとりにいきました(大爆笑)




さらには彼女まで作ってしまう始末。




あの時感じた悔しさはどこへやら。




この時の僕は、まったくもってやる気がなかった。


それは勉強へのやる気ではなく、


人生のやる気が、です。




どうにかなるやろ(笑)

今は大丈夫やろ(笑)





これが僕です。




どうです。






しかし、予備校に入り、ある人と出会ってから
人生が一転したんです。





Aくん。

そして彼が教えてくれた本。


彼とその一冊の本が僕の人生の救世主であり、

僕の人生を180°変えてくれました。


本の名前は「E判定からの大逆転勉強法」



受験勉強にはコツがある、
ということを予備校に入った年の5月に知ったのです。






受験にも攻略する方法はある!

効率的に学べるんだ!!!



そう知った僕はまた、
一直線に勉強に向かっていきます。





しかし、勉強はゲームや音楽制作とくらべて一筋縄ではいかない。




ゲームは好きなときにやれば、
勝手に時間やクリアした要素は積み重なっていきますし

音楽は一曲完成したら別に休んでもいい。


でも、勉強は「継続」という要素が必要だった。




これがなかなか難しかった。



1ヶ月やっては止まってしまう。


2週間ぐらい頑張った反動がきて、また1ヶ月頑張る。



こんなことの繰り返しでした。



さらには「集中力」を上げることも
「やる気」を上げることに関しても

今のように「知恵」がなかったので、

とにかく波がすごかった。



やるときは12時間!


やらない時は1週間布団の中でスマホでゲーム。
(超不快な罪悪感を感じながら)



この時にいろんなことを学びました。





ああ







やる気がでないと勉強は続かないな。





集中力がないと時間だけやっても意味が無いな。




継続できなければ数字には現れないんだな。







と。



結局こんなメンタルの話でぐじゃぐじゃしてたから
落ちました。


センターでは720点取りましたが

二次力が全然なかったので

普通に神大落ちました。




二浪すると決まった時、こう思っていました。


「メンタルの支えがあったらいいな・・・」

と。



・・・・





今回僕がやる企画は、勉強法のアドバイスもさながら

このメンタルの支え、をかなり意識しています。





勉強はやる気を持って、集中して、継続できれば
絶対に成果が出るんです。



でも!!!!



多くの人がこの「やる気」を持てないんです。


自信を持てないと、いってもいいし、

そもそも嫌なものだと捉えてしまっている。



違うんですよ。


勉強って本当はめちゃくちゃ楽しいんです!!!



今僕のところに来てくれた、生徒は全員言ってます。


全員です!



「不安ですが、できる気がしてきました!!!」
「ツイキャス勉強会集中出来すぎて、やばいです!!」

「しんさん参考書一冊マスターできたので新しいやつ教えて下さい!!!」

毎日こんなんばっかりですよ。




3ヶ月で、
一括30000円。





この金額は決して安くはありません。


ですが、教育業界のふざけた相場と比べれば
めちゃくちゃ安いのです。


これは予備校に70万円を来年払わないためのお金で

自分を短期間で飛躍的に成長させるために払う
と考えれば死ぬほど安い。




クソみたいだった僕が
どうしてここまで立ち直れたか。


受験勉強で勝つための方法を知り、
人にわかりやすく勉強法を伝えることができ、
それを一日も休まず継続できているのか。


体育が大っ嫌いで、サボりまくってた僕が
毎日ランニングと筋トレをしないと気がすまない体になってしまったのか。


全てに「方法」があるんです。


その「方法」のすべてを僕は
受験 Final Stage 突破チームで語ります。


す べ て 語 り ま す 。


30000円だから惜しまないとか、
そういうことは絶対にしません。


僕が変わった全てを知ってもらいます。


そしてあなたは胸の中からやる気が溢れでて止まらない状態になるでしょう。


勉強が心の底から楽しい!

そう思える状態に必ずなれます。



受験Final Stage 突破チームの申し込み終了まで
あと3日です。


12月7日を過ぎたら募集は終了します。


ここがあなたの人生の変わり目だと思ってください。


もし、お金がないならご両親にお願いしてでも参加してほしい。


お年玉を前借りして参加してくれた子がチームには何人もいます。

自分の貯金を切り崩して参加してくれている子もいます。


そしてそういう自分を追い込んだ子ほど

短期間で爆発的に成長しています。


本当に爆発的です。

指導してる僕が驚くほど変化してくれました。




クソみたいな塾や予備校の冬期講習に5万も10万も払って
ちょびっとだけの授業を受けるくらいなら

僕のところで3ヶ月間仲間とともに勉強し、学び、

受験だけではなく人生を変えてください。

自分を変えるチャンスなんです。



塾ってマジでクソです。

特に大手。


塾のテキストだけ使って
ろくでもないオリジナルのプリント作って
「これを覚えたら大丈夫だよ!」
とかね。


じゃあどうやって覚えるんだよ!

そもそもどうやって勉強すればいいの?


こういうことは微塵も教えてくれない。



そんなものは自分で学ぶものだって言うのなら
教育業界やめちまえよ。


なんのためにその仕事してるんだっての。


受験生を大学に合格させるためだろ?


だったらよ。

勉強の仕方ぐらいちょちょっと教えてやれよ。



メルマガくらい作って発信しろよ。

やる気にさせてみたらどうなんだ!!



こう言いたくなりますよね。


大手の名にかまけて、サボってんじゃねえ!



・・・


暴言が過ぎましたね。


そしてくどくなりました。


ここまで読んでる人はきっと全体の20%くらいでしょう。


塾や予備校に行ってる人は不快で閉じちゃったかもしれません。


でもこれが真実です。


予備校や塾は表面的には「合格するために頑張ろう!」


と言っていますが、

具体的な行動に何もうつせていない。



僕はやります。

彼らとは違うってことを断言します。



あなたの受験日まで応援、指導をし続けることをやめません。


手を緩めません。





もし、落ちこぼれだったけど、そこから立ち直って
こんな熱い男になった。


そして、そこに集まった熱い生徒、もしくは劇的な変化を遂げた生徒と
ともに勉強したかったら

このチームに参加してください。


入って後悔したなと感じたら全額返金します。

興味がわかないのなら、結構です。



あなたも僕のように人生を変えてください。

いや、僕みたいに長期間は必要ありません。

短期間で一気に変わってください。



では、お待ちしております。


http://bit.ly/1cdJEKD

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 1

あるべぇ

自分も今人生がくそすぎてつらたんです


by あるべぇ (2014-01-05 22:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。