借金問題解決のポイント
So-net無料ブログ作成
検索選択

勉強量を提示し報告する価値とは [マインドセット]

考える人.jpg

こんばんは、sinです。

さて今日も1日が終わります。
1日を振り返ってどうでしたか?

充実した!

と言えますか?

微妙・・・

かもしれません。


ではここであなたに質問です。

微妙か充実しているか、の判断基準は何ですか?

ちょっと考えてみてください。






・・・






自分で答えを考えてくださいよ?

せっかく、この記事を読んでるんですから、
そこに時間を費やした分何かを得て行ってくださいね?

もう少し待ちましょう







・・・






さぁよろしいでしょうか?

ここまでであなたの学びの姿勢が伺えます。
成長しよう!と考えている人はここで主体的になって
自らの頭を使って答えを考えたはずです。


何も考えずに、答えだけを求めてしまった人は
悔い改めてください。


一度自分の中で答えを考えた上で、また別の答えを聞くのと
ただ単に答えを聞いてしまうのとでは話が違います。


自分と違う考え、もしくは同じ考えであったという事実があるだけで
自分の頭の中に記憶される強さが変わります。
印象付くというやつです。


あなたの答えはどうなりました?


僕の答えはこうです。



「成長を感じた時」



です。


昨日の自分より、今日の自分。
今日の自分より、明日の自分。

人間はもともと進化することを目的とした生物です。

人類の歴史を振り返れば、それが明らかになります。


僕らは常に進化し続けなければならない存在です。
そして進化することに喜びを感じる生き物なんです。

なわとび二重跳びできるようになった!嬉しい!
因数分解が解けるようになった!嬉しい!
英語ペラペラ話せるようになった!嬉しい!

なんでもそうです。

日々進化することで、僕らは生活に充実感を感じることができます。
ぼーっとする1日に充実感を感じられるのも
それが必要な休暇であったからです。

張り詰めた毎日の中で得たオアシスに充実感はあるはずです。

毎日毎日、ぼーっとすることだけを許されてもそこには
何も充実感は感じないはずです。


ということは、1日を充実させるためには
自分を成長させないといけないわけですね。


ここで、「記録すること」が効力を発揮するわけです。


記録とは過去の自分と、現在の自分を比較することの
できる有能なアイテムです。


勉強量を提示してもらってるのは他でもありません。
僕や仲間と一緒に「記録すること」を習慣化しようよ。
っていうことなんです。


勉強量を提示、報告することでどんなメリットがあるのか。



1,自分がやるべき事が見える化する。

2,振り返った時にどんな事をどの時期にやっていたかがわかる。

3,日々反省を繰り返すので、自分の成長を促す。

4,提示することで、他人の目による義務化を図れる。

5,モチベーションが上がる。

6,規則正しい生活を送れるようになる。

7,リズムを作ることができる。


メリットはこのようにたくさんあります。

一つ一つ詳しく話すと、またまた長くなっちゃうので
このへんで切り上げますが




=====================================

僕らは常に成長しなきゃならない。
そのためには1日のやることを決め
達成できたかどうかを日々確認し
反省し次の日に繋げなければならない。
そのために、毎日自分のやるべき事を記録し
反省点も記録するべきである。

=====================================


この事が伝われば今日はおっけーです。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

僕と、そして仲間と一緒に成長していきましょう!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
現在僕は、ブログ以外に
無料のメールマガジン「Sinphony通信」を配信しています。

受験生に必要なのは、良い教材だけではなく、
それを使いこなす力です。

そのために、自分の精神力を鍛えたり
身体的なケアをしたり、
様々な面でのアプローチをしていきます。

現在1200名の方が読んでおり、

読者からは
京都大学、大阪大学、九州大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、同志社大学
など難関大学の合格者が出ています。

他にも国公立大学、私立大学、多数の大学の合格者を生んだ
Sinphony通信。


今なら無料で読めますので、是非どうぞ。

名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスだけで10秒で登録できます。 ⇒無料メルマガ「Sinphony通信」登録はこちら